<英国>iPhoneコピー商品、電源入れると残念な結果に

  • 2018/3/2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英国の消費者団体「Which?」は2月24日、米アップルの最新スマホ「iPhone X(アイフォン・テン)」のクローン電話がインターネット上に出回っているとして注意を呼びかけた。正規品は900ポンド(約13万円)するが、クローン電話は224ポンドから購入可能。見た目はそっくりだが、同団体は「電源を入れるとがっかりすることになる。アンドロイド上で動作し、ディスプレイも低解像度だ」とし、安易に購入しないようアドバイスしている。

クローン電話の正体は中国メーカーGoophone(グーフォン)社が製造した「Goophone X」。同社はこれまで、アップルやサムスンが新製品を出すたびにそっくりのクローン電話をいち早く発売して物議を醸してきた。

Which?がグーフォン社のウェブサイトを調べたところ、グーフォンXの製品画像にはアップル社のプレス画像が使われていた。同社は本物のアイフォンを販売しているとはうたっていないが、「見た目がそっくりなだけに詐欺への悪用が懸念される。インターネットオークションやフリマサイトで見かけたら警戒してほしい」と注意を呼びかけている。

(本紙「ニッポン消費者新聞」3月1日号より転載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup!記事

  1. コンシューマー
    アメリカ消費者連合(CFA)は6月20日、設立50周年を祝う式典を開催したと発表した。傘下会員275…
  2. 消費者委員会
    消費者問題解決への手法としてIoTやAI(人工知能)を活用する検討が取り組まれている。消費者委員会は…
  3. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会は、コープ(CO・OP)商品の商品力強化の取り組みの一環として、アレルギー対応…
  4. 講演する印鑰智哉さん
    4月の種子法廃止が食生活にどう影響してくるのかを考える学習会が6月20日、東京都消費生活総合センター…
  5. 消費者庁徳島オフィス
    昨年7月に徳島県庁に開設された消費者庁「消費者行政新未来創造オフォス」の開設1周年記念シンポジウムが…

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー…
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る