<米国>トランプ関税で値上げの嵐か 高額品は年内に購入を

  • 2018/3/5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランプ米大統領による鉄鋼・アルミニウムの輸入品への追加関税発言をめぐり、米消費者情報誌コンシューマーリポートが消費者への影響を考察している。専門家らは「原材料費の高騰による影響が来年になって現れ、高額消費財である自動車や電化製品が最大10%上昇する可能性がある」と指摘。値上げが旅行・食品・外食にまで波及し、さらには雇用の悪化を引き起こすと警告した。「年内に高額品を購入するのは理にかなった消費行動だ」としている。

トランプ大統領が表明した方針は鉄鋼に25%、アルミニウムに10%の輸入関税を新たに課すというもの。その影響について現在、政治・経済的な側面から様々な論考が行われているが、同誌は消費者への影響について専門家の意見を紹介した。

ニュー・インベストメント・リサーチのアナリスト、ビル・セレスキー氏は「原材料の高コスト化が商品の値上げにつながるには時間がかかる。今年はその影響を感じないかも知れないが、来年、再来年にかけて痛感することになる。値上げ幅は5~10%になり、高額な自動車や電化製品を買うならば年内に購入することを勧める」と説明。大幅な価格上昇が消費に看過できない影響を与えると分析した。

ケイトー研究所のダン・イケンソン氏は「鉄鋼とアルミは車、家電、航空機、配管、建築材、食品・飲料容器など広く使われている。波及効果は想像以上に大きく、旅行、食品、外食を含め経済全体で価格上昇が起きる可能性がある」と指摘した。

産業界からは懸念の声が出ていて、フォード・モーターズは「国内の商品価格の上昇を招き、米企業の競争力を損なう」と非難。ビール大手のミラー・クアーズは「アルミを国内だけで満たすには供給不足で、輸入せざるを得ない。誤った関税案がコスト増につながり、消費者を苦しめるだけでなく、ビール業界の労働者の職を奪うことになるだろう」と訴えた。

ただし、トランプ大統領の案が実現するかどうかは未知数。国内経済への影響が見通せない中、政策立案スタッフの準備不足や他国による報復措置を指摘する専門家は多く、修正を余儀なくされるとの見通し。追加関税は鉄鋼メーカーを守るためのものだが、前出のビル・セレスキー氏は「1つの問題を解決するための措置がより多くの問題を招く結果になるだろう」と警告した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup!記事

  1. コンシューマー
    アメリカ消費者連合(CFA)は6月20日、設立50周年を祝う式典を開催したと発表した。傘下会員275…
  2. 消費者委員会
    消費者問題解決への手法としてIoTやAI(人工知能)を活用する検討が取り組まれている。消費者委員会は…
  3. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会は、コープ(CO・OP)商品の商品力強化の取り組みの一環として、アレルギー対応…
  4. 講演する印鑰智哉さん
    4月の種子法廃止が食生活にどう影響してくるのかを考える学習会が6月20日、東京都消費生活総合センター…
  5. 消費者庁徳島オフィス
    昨年7月に徳島県庁に開設された消費者庁「消費者行政新未来創造オフォス」の開設1周年記念シンポジウムが…

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー…
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る