車の自動走行、事故責任は誰に? シンポ開催🔓

  • 2018/3/6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

衝突被害軽減ブレーキや定速走行・車間距離制御装置などの先進安全技術が搭載された「先進安全自動車」、いわゆる「自動走行車」の社会的受け入れへ向けた課題を検討するシンポジウムが3月5日、都内で開かれた。経産省と国交省の委託事業として開催されたもので、当日は、急速に進化する自動走行技術の現状をもとに、事故発生時の責任範囲、事故防止への制度的整備などの課題が提起された。

シンポジウム「自動走行によるモビリティサービスの実現へ向けて」

シンポジウムでは自動走行車の事故発生時の責任範囲について課題や研究成果が報告された(5日、東京・御茶ノ水にて)

このシンポジウムは「自動走行によるモビリティサービスの実現へ向けて」と題したもので、「自動走行の民事上の責任及び社会受容性に関する研究シンポ」として東京・御茶ノ水「ソラシティカンファレンスシティ」で開催された。同研究は経産省・国交省の委託事業として実施。2016年度と17年度に有識者委員会が設置され、事故時の責任関係の論点整理などに取り組んできた。当日はその研究成果が報告され、今後の課題を検討する場となった。

自動車ジャーナリスト・清水和夫さんは「自動走行の社会受容性」をテーマに、自動走行技術が社会に受け入れられていくための要件を紹介。技術、制度、認識、都市デザインなど…(以下続く)

・この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup!記事

  1. コンシューマー
    アメリカ消費者連合(CFA)は6月20日、設立50周年を祝う式典を開催したと発表した。傘下会員275…
  2. 消費者委員会
    消費者問題解決への手法としてIoTやAI(人工知能)を活用する検討が取り組まれている。消費者委員会は…
  3. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会は、コープ(CO・OP)商品の商品力強化の取り組みの一環として、アレルギー対応…
  4. 講演する印鑰智哉さん
    4月の種子法廃止が食生活にどう影響してくるのかを考える学習会が6月20日、東京都消費生活総合センター…
  5. 消費者庁徳島オフィス
    昨年7月に徳島県庁に開設された消費者庁「消費者行政新未来創造オフォス」の開設1周年記念シンポジウムが…

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー…
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る