<英国>身代金ランサムウェア、払っても半数が復旧できず

  • 2018/3/13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

身代金要求型ランサムウェアに感染し、実際に金銭を支払った企業の半数がファイルを復旧できなかったとの調査結果を、英国の消費者団体「Which?」が伝えた。同団体は対策として「オンラインバックアップサービス」の活用を提案するとともに、たとえ感染しても料金を支払わないよう呼びかけた。

ランサムウェアはコンピューター上のデータを暗号化し、アクセスできないようにした上で、解除のための「身代金」を要求するコンピュータウィルスの一種。Which?は米コンサルタント企業CyberEdgeの最新の調査データを紹介し、感染時の対処法と防御対策を呼びかけた。

2017年に行われた世界1176社を対象とした調査によると、身代金を支払わずにデータ復旧ができた企業は53.8%、支払わなかったがデータ損失となった企業が8%あった。残る4割近くは身代金を支払ってしまった企業。支払い後にデータ普及できた企業は19.1%で、支払ったのにデータ損失した企業は19.6%に上った。

Which?は対処法としてオンラインバックアップサービスの活用を提案。「データを逐一保存していけばデータ損失を回避できる。複雑なプログラムも必要なく簡単に保存できる」と推奨した。

感染した場合、「犯罪者に料金を支払ってはいけない。調査結果が示す通り、データが元通りになる保証はないからだ」と指摘。パソコンをインターネットから切断し、ほかのパソコンから回復ツールをUSBメモリにダウンロードし、それを使ってランサムウェアを駆除するようアドバイスした。

昨年、世界は大規模なサイバー攻撃にさらされた。5月には英政府の国民保健サービス(NHS)など複数の公的機関がランサムウェア「WannaCry」の被害に遭うなどしていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup!記事

  1. コンシューマー
    アメリカ消費者連合(CFA)は6月20日、設立50周年を祝う式典を開催したと発表した。傘下会員275…
  2. 消費者委員会
    消費者問題解決への手法としてIoTやAI(人工知能)を活用する検討が取り組まれている。消費者委員会は…
  3. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会は、コープ(CO・OP)商品の商品力強化の取り組みの一環として、アレルギー対応…
  4. 講演する印鑰智哉さん
    4月の種子法廃止が食生活にどう影響してくるのかを考える学習会が6月20日、東京都消費生活総合センター…
  5. 消費者庁徳島オフィス
    昨年7月に徳島県庁に開設された消費者庁「消費者行政新未来創造オフォス」の開設1周年記念シンポジウムが…

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー…
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る