重大製品事故増加 ノートPCとスマホの安全規制も視野に

  • 2018/3/20
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

2008年をピークに長らく減少傾向が続いていた重大製品事故件数が増加に転じた。2017年は873件と、前年比59件の増加。リチウムイオンバッテリーを搭載したノートパソコンやスマートフォン、品質の劣る輸入電動アシスト自転車などが事故件数を押し上げた。ノートPCとスマホについて、経済産業省は「事故件数の増加が止まらない」とし、安全規制も視野に今後の動向を注視するとしている。

産業構造審議会保安・消費生活用製品安全分科会製品安全委員会及び消費経済審議会製品安全部会合同会議

重大製品事故件数が報告された製品安全に関する経産省の合同部会(19日午前)

3月19日に開かれた産業構造審議会保安・消費生活用製品安全分科会製品安全委員会と消費経済審議会製品安全部会の合同会議で報告された。

国への報告が義務付けられている重大製品事故(火災や死傷を伴う事故)は、2008年の1424件をピークに減少傾向が続いていた。ところが17年は前年比59件増の873件と、5年ぶりの増加となった。事故件数を押し上げた製品はノートPC、スマホ、住宅用太陽光発電器、電動アシスト自転車、温水洗浄便座、電気ストーブなど。特にノートPCは11件増の36件、スマホなどの携帯機器は9件増の23件と急増していた。

ノートPCとスマホの事故について、経産省は「購入から3~7年ほど経過した製品で内蔵リチウムイオンバッテリーからの火災が多発している」と警戒感を示し、事故の原因究明や再発防止対策の調査に入る考えを表明。安全規制も視野に今後の事故動向を注視していくとした。

経産省は2月1日、モバイルバッテリーを電気用品安全法の規制対象に加えるなど、リチウムイオンバッテリー搭載機器への安全対策を急いでいる。ノートPC、スマホ、モバイルバッテリーの3製品による重大製品事故は、13年の11件から17年の80件へと急増していた。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 香港消費者委員会
    大型連休となる春節(中国の旧正月)を控え、消費者団体の香港消費者委員会は1月15日、海外旅行を計画す...
  2. タイヤパンク応急修理キット
    国民生活センターは1月17日、自動車のパンクに際して応急修理ができる「パンク修理キット」について、同...
  3. 原田禎夫大商大准教授
    大阪商業大学公共学部准教授で、プラスチックごみ問題に取り組むNPO法人の代表理事も務める原田禎夫さん...
  4. ACAP島谷克史理事長
    企業の消費者対応部署の担当者などで構成するACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、島谷克史理事長...
  5. ビール
    食品政策を監視する非営利団体「公益科学センター(CSPI)」は1月11日、ビールなどのアルコール飲料...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る