消費者庁がマカフィーを処分 同社は「法の認識不足」と弁解🔓

  • 2018/3/23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者庁は、セキュリティソフトサービス業者のマカフィー(本社・東京都渋谷区)に対し3月22日、同社提供の3種類6役務について不当な二重価格表示などの違反行為があったとして、景品表示法に基づく措置命令を下した。

マカフィー、景表法違反で措置命令

問題となったマカフィーの二重価格表示

実績のない価格を比較対照価格とし、設定した特定期間に安くダウンロードできるかのように表示していた。違反表示期間は1年以上。マカフィーは違反事実を認めているものの、原因については「法律の認識不足だった」とコメントしている。

消費者庁によると、表示が問題とされたセキュリティソフトは3種類。1種類ごとに「1年版」と「3年版」があり、それら6役務の使用許諾権提供に際しての価格表示が問題となった。対象ソフトは「マカフィーリブセーブ1年版」「同3年版」「マカフィートータルプロテクション1年版」「同3年版」「マカフィーインターネットセキュリティ1年版」「同3年版」。

不当な二重価格表示は2016年10月14日から…(以下続く)

・この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup!記事

  1. イオン景品表示法違反チラシ
    新聞折り込みチラシに「本日限りの厳選特価」「お1人さま1点限り」などと表示しながら、セール前から特売…
  2. 農水省オリジナル自販機
    国産食材使用の飲料のみを集めたオリジナル自動販売機が農水省内に登場した。来庁者に国産食材の消費拡大の…
  3. ジャガイモ調理
    環境省は4月17日、国内で発生した食品ロスの最新推計値を公表した。 2015年度の食品廃棄物は…
  4. 段ボール
    インターネット通販の商品配送に絡んだ苦情が相次いでいるとして、英国の広告規制機関ASAなどが、「どこ…
  5. 高齢者
    消費者トラブルに遭った高齢者が周りにいるか聞いたところ、25.5%の人が「いる」と回答したことが、神…

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー…
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る