<英国>警報器誤報の3割が昆虫、センサー感度調節を

  • 2018/3/26
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

防犯用警報器の誤報の3割が家の中の昆虫が原因だったことが、英国の消費者団体Which?の調査でわかった。誤報は近所迷惑になるだけでなく、警察当局が監視対象から外す場合があるといい、警備サービス会社に連絡してセンサーの感度を調節するよう呼びかけた。

昨年9月、警備担当者3412人を対象に調査した。その結果、74%が誤報を経験し、原因の30%が昆虫、22%が住人の押し間違い、7%がペットだった。

警報器の種類は、全体の81%が警報音が鳴るだけのタイプ。一方、18%が監視サービス業者から警察に通報される警報システムを契約していて、誤報を続けると警察署の監視対象から外される可能性があった。同団体によると、通常は3回、スコットランドでは4回の誤報で警察署がデータを抹消するといい、「誤報への対策を真剣に考えるべきだ」と警告している。

誤報を引き起こす昆虫の中ではクモに要注意。同団体は「クモが巣を張り、その上を歩くことで多くの誤報を引き起こしている」として、定期的な清掃を呼びかけている。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 架空請求対策緊急提示
    内閣総理大臣を会長に全閣僚を委員として構成する「消費者政策会議」は7月22日、架空請求詐欺が急増して...
  2. 消費者庁
    商品の価格を据え置きながら内容量を減らす「ステルス値上げ(実質値上げ、隠れ値上げ)」――。 加...
  3. 東京地方裁判所
    NTTドコモに対して埼玉消費者被害をなくす会が訴えている控訴審第一回弁論が7月18日、東京高裁で開か...
  4. 香港消費者委員会
    セルライト除去クリームの効果はごくわずかで一時的、しかもボディーローションと同程度だった――。こうし...
  5. 日本消費者連盟
    韓国・ソウルで7月19日、日米韓の消費者・市民団体が遺伝子組み換え表示をめぐる国際シンポジウムが開催...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る