<英国>警報器誤報の3割が昆虫、センサー感度調節を

  • 2018/3/26
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

防犯用警報器の誤報の3割が家の中の昆虫が原因だったことが、英国の消費者団体Which?の調査でわかった。誤報は近所迷惑になるだけでなく、警察当局が監視対象から外す場合があるといい、警備サービス会社に連絡してセンサーの感度を調節するよう呼びかけた。

昨年9月、警備担当者3412人を対象に調査した。その結果、74%が誤報を経験し、原因の30%が昆虫、22%が住人の押し間違い、7%がペットだった。

警報器の種類は、全体の81%が警報音が鳴るだけのタイプ。一方、18%が監視サービス業者から警察に通報される警報システムを契約していて、誤報を続けると警察署の監視対象から外される可能性があった。同団体によると、通常は3回、スコットランドでは4回の誤報で警察署がデータを抹消するといい、「誤報への対策を真剣に考えるべきだ」と警告している。

誤報を引き起こす昆虫の中ではクモに要注意。同団体は「クモが巣を張り、その上を歩くことで多くの誤報を引き起こしている」として、定期的な清掃を呼びかけている。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 車輪に傘を巻き込む
    新生活がスタートする4月と5月に自転車の製品事故が増加するとして、NITE(製品評価技術基盤機構)が...
  2. 宮腰光寛消費者担当大臣
    国際消費者機構(CI)が提唱する3月15日の「世界消費者権利デー」にちなみ、消費者担当・宮腰光寛大臣...
  3. 全国消費者大会
    全国の消費者35団体が実行委員会を結成し3月15日、都内で全国消費者大会を開催した。今年で57回目。...
  4. which
    ユニークな生活家電を世に送り出し、各国のテレビショッピング業界では知られた存在となっている英国JML...
  5. 景表法違反を指摘されたベビーマジック持ち帰り箱
    「国産小麦をたっぷり使用」などと不当な広告表示をしたとして、大阪府は3月13日、焦がしシュークリーム...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る