消費者保護基本法制定50周年、京都で記念シンポ開催へ

  • 2018/4/10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者基本法の前身となる「消費者保護基本法」の制定50周年を記念したシンポジウムが5月19日、京都市内で開催される。この間、消費者政策は保護から自立、自覚のある消費者の育成へと変化してきた経緯があり、シンポジウムでは持続可能な社会をどう実現したらよいのか、また、その中で消費者の主権はどうなるのかを考える。主催はNPO法人コンシューマーズ京都(京都消団連)。

シンポジウムの副題は「すべてはここから始まった」。今年は1968年5月施行の消費者保護基本法の制定50周年、1988年に国が定めた消費者月間の30回目となる節目の年にあたり、毎年秋に開催している京都消費者大会を消費者月間の5月に前倒しし、記念行事として開催する。共催は京都府、京都市、適格消費者団体の京都消費者契約ネットワーク、後援は京都府生活協同組合連合会。

シンポジウムでは日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)常任顧問の古谷由紀子常任顧問が「現代の消費者主権~事例を通じて考える~」をテーマに基調講演を行うほか、パネルディスカッションと映画「バレンタイン一揆」の上映を行う。

京都市男女共同参画センターウイングス京都・イベントホールで5月19日(土)、13時~17時まで(開場・12時30分)。定員は240名(参加無料・事前申し込み不要)。問い合わせはコンシューマーズ京都(電話075・251・1001)まで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup!記事

  1. イオン景品表示法違反チラシ
    新聞折り込みチラシに「本日限りの厳選特価」「お1人さま1点限り」などと表示しながら、セール前から特売…
  2. 農水省オリジナル自販機
    国産食材使用の飲料のみを集めたオリジナル自動販売機が農水省内に登場した。来庁者に国産食材の消費拡大の…
  3. ジャガイモ調理
    環境省は4月17日、国内で発生した食品ロスの最新推計値を公表した。 2015年度の食品廃棄物は…
  4. 段ボール
    インターネット通販の商品配送に絡んだ苦情が相次いでいるとして、英国の広告規制機関ASAなどが、「どこ…
  5. 高齢者
    消費者トラブルに遭った高齢者が周りにいるか聞いたところ、25.5%の人が「いる」と回答したことが、神…

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー…
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る