<英国>銀行の支店閉鎖がさらに加速 高齢者への影響を懸念

  • 2018/4/19
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

英銀行大手ロイズ・バンキング・グループが新たに49支店の閉鎖を発表したことを受け、消費者団体Which?は4月17日、今年の銀行支店閉鎖総数がこれで418件になったと発表した。同団体は支店閉鎖動向を監視する取り組みを展開中で、「2015年以降1944件の支店が消えたが、ますますペースが加速している」とコメントした。

ロイズは昨年12月に49支店の閉鎖を発表していたが、今回新たに49支店を追加する計画を明らかにした。年内の閉鎖が決まっているのは、ロイヤルバンク・オブ・スコットランド(RBS)などのグループが269支店、ロイズが98支店、バークレイズが43支店、ヨークシャー・ビルディング・ソサエティが8支店の計418支店。ロイズの広報担当者は「支店閉鎖は取引数の減少に対応して行ったものだ」と説明した。

Which?は「銀行支店閉鎖マップ」をホームページ上で公開し、金融会社に預金者の保護を呼びかける取り組みを展開してきた。金融機関との意見交換では、RBSのロス・マクワンCEOが「支店の利用者が40%減少した一方で、モバイルバンキングの利用が急増している」と説明するなどしていた。

Which?は、急激な支店閉鎖とモバイルバンキングの拡大の狭間で、地方に住む高齢者の利便性が大幅に低下していることを懸念している。銀行側は郵便窓口を経由したネットワークを充実させるとともに、移動店舗車を運用して需要に応える方針。追加の支店閉鎖を発表したロイズは移動店舗車を7台増やし、計36台体制で地方をカバーすることを約束した。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. コンシューマーリポート
    クレジットカード発行会社が、会員に無料提供してきた特典の廃止・縮小を加速させている。シティーバンクは...
  2. 香港消費者委員会
    消費者問題に関する報道を表彰する第18回コンシューマー・ライツ・レポーティング・アワード(CRRA)...
  3. コンシューマーリポート
    「新車にスペアタイヤが付いてないことに気づいた! 私は騙されたの?」――。そんな消費者の質問に対する...
  4. 東京都庁
    東京都はこのほど昨年度のインターネット広告の監視事業結果を発表。2万4千件の広告を監視し、うち338...
  5. 電気ポットのパッキン
    お湯を沸かして保温する「電気ポット」に関連した子どものやけど事故が5年間に206件起きていることが8...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る