高カロリーだと敬遠しないで バナナの優れた栄養を紹介

  • 2018/4/26
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

米国で最も食べられている果物といえばバナナ。1人当たり年平均27ポンド(約12.2キロ)を摂取しているが、近年、糖分やカロリーやを気にして食べない人も増えている。こうした懸念について、米消費者情報誌コンシューマーリポートは「バナナを食べたから太ったというのは大きな誤解。糖分を気にする必要はない」などといった専門家の意見を紹介し、積極的に摂取するよう呼びかけた。

大きめのバナナ1本は約120キロカロリーで糖質が約17グラム。ほかの果物と比べてやや高めだが、ニューヨーク大学で栄養学を教えるジェシカD.ビュニャック博士は「栄養士が糖分の制限をアドバイスする場合、それはジュースやケーキなどに添加した糖を指しており、バナナに含まれる糖のことを言ってない」と説明。カロリーや糖分を気にして「食べないリスト」に入れるのは理論的に誤っているとコメントした。バナナは食物繊維が豊富で約3.5グラムを含み、1日に必要な量の15%を1本で補給できる。特にグリーンバナナは消化しにくい耐性(難消化性)でんぷんを多く含み、血糖のコントロールや腸内細菌のバランス維持に有効との研究があるという。

また、バナナはカリウムが豊富(約490mg)で、塩分の取りすぎる食生活には欠かせない。コンシューマーリポートの栄養士、エレン・クローズ氏は「豆類、ほかの果物、野菜、ナッツ、乳製品などに加えてバナナを食べれば、カリウムの1日当たりの必要量を満たすことは簡単だ」と摂取を推奨。動脈硬化を引き起こすアミノ酸ホモシステイン量を調節するビタミンB6が1日推奨量の3分の1摂取できることも紹介した。

クローズ氏はバナナを食生活に取り入れる手法を伝授。そのまま食べるだけでなく、ジュースやスムージー、バナナチップ、粉末バナナ、冷凍アイスなど様々な形状のものを利用できるとしたほか、砂糖や甘いお菓子の代替品としての使用を推奨。「甘味と栄養を増やす優れた方法だ」と語った。そしてバナナを消費量ナンバーワンの果物に押し上げた重要な要素として、持ち運びが便利で値段が安い(1ポンド当たり56セント)ことを挙げ、「どのスナック菓子も(価格・栄養面で)バナナには勝てない」と強調した。

ただし、一つだけ注意点。ジェシカD.ビュニャック博士は「夜寝る前に子どもがバナナを食べた場合、必ず歯を磨かせること。粘り気があり、歯に付着して虫歯のリスクが高まる」と指摘した。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 国際消費者機構(CI)
    10月16日の国連「世界食料デー」にあわせ、国際消費者機構(CI)はツイッター上で「誰もが健康で栄養...
  2. 北海道
    世界的な原油高を背景に灯油の価格上昇が続いていることを受け、北海道消費者協会(畠山京子会長)と札幌消...
  3. コンシューマーリポート
    インターネット通販に押され、10月15日に破産申請を行った米国の小売り大手シアーズ・ホールディングス...
  4. 遺伝子組み換え表示説明会
    遺伝子組み換え表示制度の一部見直しに関するパブリックコメントが開始された。これに伴い10月15日、東...
  5. 赤信号
    「血液がサラサラになる」などとうその効能を告げるなどしてサメ軟骨健康食品を勧誘していたとして、埼玉県...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る