ニッポン消費者新聞|2018年5月1日消費者月間集号

  • 2018/5/9
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

消費者月間特別インタビュー

  • 岡村和美・消費者庁長官「消費者被害の防止へ厳正に対応」

2018年度消費者行政新施策

  • 消費者契約法改正案の早期成立を期す―消費者庁消費者制度課・廣瀬健司課長
  • 「消費者基本計画」の企画推進―消費者庁消費者政策課・河内達哉課長
  • 国連SDGsの国際目標を継続提示―消費者庁消費者教育・地方協力課・尾原知明課長
  • 消費者志向自主宣言・フォローアップ活動推進―消費者庁消費者調査課・澤井景子課長
  • 特商法・預託法を厳正・適切に執行―消費者庁取引対策課・佐藤朋哉課長
  • 子供や高齢者の事故防止へ情報発信―消費者庁消費者安全課・野田幸裕課長
  • 不当表示・過大景品提供に厳正に対処―消費者庁表示対策課・大元慎二課長
  • GM表示改正へ、正確な情報提供基本に―消費者庁食品表示企画課・赤崎暢彦課長
  • 中立公正にリスク評価―食品安全委員会情報・勧告広報課・筬島一浩課長
  • 個人消費活性化へ施策立案―経産省消費経済企画室・伊奈友子室長
  • 「豊かな消費生活」の実現へ―経産省サービス政策課・守山宏道課長
  • 「製品安全4法」を厳正に執行―経産省製品安全課・和田恭課長
  • 「食品衛生法」15年ぶりの改正へ―厚労省食品監視安全課・道野英司課長
  • 第九版食品添加物公定書作成―厚労省食品監視安全課・道野英司課長
  • 加工食品の原料原産地表示周知徹底―農水省消費者行政・食育課・川本登課長
  • 食品の安全性向上へ各種措置策定・普及―農水省食品安全政策課・鋤柄卓夫課長
  • 畜産物安定供給へ、家畜衛生対策推進―農水省動物衛生課・熊谷法夫課長
  • 安心・安全なICTサービスの利用環境整備―総務省消費者行政第一課・徳光歩課長
  • 5月1日からタカタ製エアバッグのリコール未改修車両は車検が通らなくなります!―国交省審査・リコール課・野津真生課長
  • 多重債務問題解決へ実効性ある取組推進―金融庁・井上俊剛信用制度参事官
  • 生活経済事犯の取締りを推進―警察庁・鈴木達也生活経済対策管理官
  • 消費者被害の未然・拡大防止へ7業務推進―国セン企画課・三澤智子課長
  • 東京都消費生活基本計画改訂―東京都消費生活総合センター・戸澤互所長
  • 「府消費者基本計画」の目標達成目指す―大阪府消費生活センター・濱本慶一所長
  • 県政150周年、4月から新体制―兵庫県立消費生活総合センター・堀口輝樹所長

消費者・市民団体の取り組み

  • 誰一人取り残さない政治の実現を―全大阪消団連・飯田秀男事務局長
  • 発足70周年、「消費者の声を政策へ」―主婦連合会・河村真紀子事務局長
  • 消費者の行動に役立つ情報を発信―コンシューマネット・ジャパン・古賀真子理事長
  • 憲法・食品・香害…連携運動を提唱―日本消費者連盟・纐纈美千世事務局長

消費者委員会

  • 消費者政策の評価・検証に着手―消費者委員会・高巌委員長

特集企画

  • 恒例!本紙記者座談会消費者問題の核心を突く!記者たちが取材で感じた生の声をもとに徹底議論
    「かけ声だけで終わらせるな」/添加物表示も検討へ/実効性問われる食品リコール/課題残るSDGsのつまみ食い/どう構築、事故情報の社会的共有化/節目の年、でも課題山積
  • 進む高齢社会、25年問題
    ~個別対応に疑問の声、急がれる一元化抜本策 苦慮する地方行政~
  • クレームとは 消費者にとって・企業にとって
    ~横浜国立大学名誉教授・西村隆男氏に聞く 「クレームは市場への参加」~
  • CCJ(越境消費者センター)、香港消費者委員会と連携調印へ
    ~増加する訪日外国人対応も推進 国セン、通訳介した「三者間相談」計画~

海外ニュース

  • <香港>クーリングオフの導入検討 エステ・スポーツジム対象に
  • <米国>ゴマアレルギー対策に乗り出す食品大手
  • <豪州>アボリジニ土産のブーメラン 観光地で売られる8割が偽物
  • <米国>車に無線アップデート機能 万全のセキュリティ対策要望
  • <英国>子供用マットレスで窒息の恐れ 消費者団体が使用の中止を警告

企業・商品情報

  • 消費生活支える電気メーター 日本電気計器検定所(JEMIC)の取り組み
  • 信頼マーク活用、納得いく葬儀の実現を 全日本葬祭業協同組合連合会
  • 応募受付開始「チー1グランプリ」 チーズ普及協議会
  • <キユーピー>ドレッシング発売60周年 特設サイト刷新、キャンペーン展開
  • <キユーピー>広島市と協定 地産地消、食育など推進
  • <東レ>「時短&高除去」なトレビーノ新発売、外して洗える機能搭載
  • <ダイドー>東北のためのサイダー発売
  • <ジョンソン>シートタイプの革靴ケア製品新発売、携帯に便利
  • <ブルボン>「抹茶フェア」8商品発売
  • <キッコーマン>「しょうゆ卓上びん」が立体商標登録 誕生から50年超

その他のニュース

  • 食の安全・監視市民委、トレーサビリティ制度導入を活動方針に
  • 東京地婦連、設立70周年 「安全な社会構築を地域運動で」
  • 「香害110番発刊、日本消費者連盟 深刻事例紹介
  • 反農薬東京グループ「てんとう虫情報」終刊 農薬問題を27年間発信
  • イオン、特売続けながらチラシで「本日限り」 大阪府が初の措置命令
  • 食品ロス646万トン、家庭から289万トン 2015年度推計
  • 液体ミルク、食安委をあっさり通過 健康影響「問題なし」と判断
  • 主婦連と全地婦連、海賊版サイト遮断に抗議
  • 日本ヒーブ協議会が総会、設立40周年へヒーブの使命確認
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 国際消費者機構(CI)
    10月16日の国連「世界食料デー」にあわせ、国際消費者機構(CI)はツイッター上で「誰もが健康で栄養...
  2. 北海道
    世界的な原油高を背景に灯油の価格上昇が続いていることを受け、北海道消費者協会(畠山京子会長)と札幌消...
  3. コンシューマーリポート
    インターネット通販に押され、10月15日に破産申請を行った米国の小売り大手シアーズ・ホールディングス...
  4. 遺伝子組み換え表示説明会
    遺伝子組み換え表示制度の一部見直しに関するパブリックコメントが開始された。これに伴い10月15日、東...
  5. 赤信号
    「血液がサラサラになる」などとうその効能を告げるなどしてサメ軟骨健康食品を勧誘していたとして、埼玉県...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る