食の安全・監視市民委 トレーサビリティ制度導入を活動方針に🔓

  • 2018/5/10
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

表示から安全性まで食品政策全般を監視する「食の安全・監視市民委員会」(代表・神山美智子弁護士)は4月14日、都内で今年度総会を開き、食品衛生法改正に伴う事業者届出制度の創設を契機にトレーサビリティ制度の導入を働きかけていくことをはじめ、健康食品の誇大・虚偽広告にメスを入れる取組の拡大など、14項目の今年度活動方針を決めた。

食の安全・監視市民委員会総会

食の安全・監視市民委員会総会では、佐野真理子主婦連参与が機能性表示食品の検証データ公開訴訟に関する報告をおこなった。

総会では、機能性表示食品の事後検証事業での食品名をすべて開示させる、遺伝子組換え食品表示の再見直しを求める、TPP+1に反対し、国会での徹底した審議を行わせる、築地市場の豊洲移転に反対する、などの行動決議も採択した。総会に先立ち「健康食品で被害にあわないために」というブックレットの出版記念講演会も開催され、同委員会「健康食品調査プロジェクト」の植田武智さんが「公的被害救済制度の創設が必要」と呼びかけた。

食の安全・監視市民委員会は食品安全委員会や厚生省・農水省など、食のリスク分析・管理機関などの監視を目的に2003年に発足。10年からは食問題に関する不具合情報を収集・発信する「食の安全・市民ホットライン」も運営している。4月14日、東京四谷の主婦会館「プラザ・エフ」で発足15年となる今年度総会を開催した。

総会では今年度活動方針として、食品のトレーサビリティ制度導入への活動を推進していくことが確認された。現在国会で検討されている13年ぶりの食品衛生法改正案では…(以下続く)

(本紙「ニッポン消費者新聞」5月1日消費者月間特集号より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 国際消費者機構(CI)
    10月16日の国連「世界食料デー」にあわせ、国際消費者機構(CI)はツイッター上で「誰もが健康で栄養...
  2. 北海道
    世界的な原油高を背景に灯油の価格上昇が続いていることを受け、北海道消費者協会(畠山京子会長)と札幌消...
  3. コンシューマーリポート
    インターネット通販に押され、10月15日に破産申請を行った米国の小売り大手シアーズ・ホールディングス...
  4. 遺伝子組み換え表示説明会
    遺伝子組み換え表示制度の一部見直しに関するパブリックコメントが開始された。これに伴い10月15日、東...
  5. 赤信号
    「血液がサラサラになる」などとうその効能を告げるなどしてサメ軟骨健康食品を勧誘していたとして、埼玉県...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る