<英国>庭の訪問者ハリネズミが減少 コンクリ塀も一因

  • 2018/5/11
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

ガーデニングが盛んな英国で、生垣(低木で作った垣根)や庭でよく見かける人気者の野生動物、ハリネズミ(英語名・ヘッジホッグ)が大幅に減少しているという。消費者団体「Which?」のガーデニング担当サブエディターのメラニー・トレイン氏は、消費者にささやかな取り組みを提案。減少の一因が庭に張り巡らせたコンクリート塀にあるといい、塀に小さな抜け穴を作るよう呼びかけている。

最新調査によると、昨年1年間に「ハリネズミを見かけなかった」という人の割合は60%。2016年は51%、15年は48%だったことから、徐々に目にすることが難しい動物になりつつあることがわかった。

ハリネズミにとって生垣(低木で作った垣根)は住み家であり、通路でもある重要な場所。しかし、近年は防犯やプライバシーの保護を目的にコンクリート塀や金属製フェンスに変更する家庭が増加。農村部の都市化や交通量の増加、農薬散布、鳥やアナグマといった天敵の増加などの環境変化も影響し、農村部での生息数は2000年以降、半減したといわれている。

トレイン氏は「庭でハリネズミを見かける機会が減っている。もし、何か行動したいと考えるなら、低木の垣根を維持するか、抜け穴を作ってあげてほしい」と呼びかけている。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 国際消費者機構(CI)
    10月16日の国連「世界食料デー」にあわせ、国際消費者機構(CI)はツイッター上で「誰もが健康で栄養...
  2. 北海道
    世界的な原油高を背景に灯油の価格上昇が続いていることを受け、北海道消費者協会(畠山京子会長)と札幌消...
  3. コンシューマーリポート
    インターネット通販に押され、10月15日に破産申請を行った米国の小売り大手シアーズ・ホールディングス...
  4. 遺伝子組み換え表示説明会
    遺伝子組み換え表示制度の一部見直しに関するパブリックコメントが開始された。これに伴い10月15日、東...
  5. 赤信号
    「血液がサラサラになる」などとうその効能を告げるなどしてサメ軟骨健康食品を勧誘していたとして、埼玉県...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る