9割がネット通販利用 購入品上位は書籍・食料品 千葉県調査

  • 2018/5/18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉県は消費者の買い物行動を調べるアンケートを実施し、その結果を発表した。インターネットショッピングについて、90.5%の人が「利用したことがある」と回答。頻度については「月に1回程度」以上の利用が全体の60.2%を占めた。購入品は「書籍」「食料品」「家電」が上位を占めた。

消費者アンケートは2017年度千葉県商店街実態調査の中で行われたもの。昨年10月、県内に住む20歳以上の男女1000人を対象に地域商店街やインターネットショッピングの利用状況を聞いた。

その結果、90.5%の人がネットショッピングの利用経験を持ち、利用者の60.2%が「月1回程度」以上利用していると回答した。利用頻度の内訳は「週に1回以上」が6.1%、「月に2~3回程度」が22.9%、「月に1回程度」が31.2%だった。

よく購入する商品について5つまであげてもらったところ、最も多かったのは「書籍」で33.5%。次いで「食料品」31.4%、「家電」28.1%、「音楽・映像ソフト、パソコン用ソフト、ゲームソフト」25.1%、「婦人用衣類」23.2%と続いた。以下、主なものは6位「化粧品」20.6%、10位「健康食品」16.2%、14位「医薬品」7.6%など。性別でみると、男性は「家電」、女性は「婦人用衣類」が最も多かった。

ネットショッピングを利用する理由については(複数回答)、「実店舗に出向かなくても買い物ができるから」67%、「24時間いつでも買い物ができるから」57.2%など利便性を表す回答が目立ったほか、次いで「実店舗より安く買える」52.7%が上位となった。

一方、商店街については、「近所にある」と回答した人は27.4%。そのうち「週に1日以上利用している」との回答は30.3%にとどまった。3年間での利用頻度は「増えた」8.2%を「減った」25.1%が上回る結果となった。

県内の商店街数は1996年の960団体から2016年の694団体と27.7%減少しており、大型スーパーの進出や人口減少など商店街を取り巻く環境は厳しい状況が続いているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup!記事

  1. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?が主催する「Which?アワード」の2018年受賞企業が5月23日、発表…
  2. 買い物袋の巻き込み
    傘を巻き込んで転倒したり、回転部で指を切断したりするなど、自転車による製品事故が相次いでいるとしてN…
  3. 消費者庁子どもの事故防止対策調査
    徳島県に設置された消費者庁「消費者行政新未来創造オフォス」は県内0~6歳児の保護者関係者や保育士への…
  4. 英国の消費者団体Which?
    スーパーマーケットの巨人、テスコが運営していた非食料品分野の通販サイト「テスコ・ダイレクト」が7月9…
  5. 東京都
    東京都消費生活総合センターは、3月に実施した特別相談「若者のトラブル110番」の結果をまとめた。 …

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー…
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る