40周年へ分科会活動キックオフ 日本ヒーブ協議会

  • 2018/5/21
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

生活者と企業とのパイプ役を担い、多様な業種・部門に属する働く女性のネットワークとして活発な取組が注目されている(一社)日本ヒーブ協議会(梶原織梨江代表理事)。今年発足40周年を迎える同協議会は4月20日に今年度総会を開いた後、5月に入り関西支部大会、九州支部大会を相次いで開催、5月18日には東京の分科会活動のスタートとなる分科会エントリーに関するキックオフミーティングを開いた。4つの分科会活動が紹介された。

日本ヒーブ協議会キックオフ

キックオフミーティングで分科会活動を紹介する日本ヒーブ協議会の担当理事(18日)

日本ヒーブ協議会は「働く女性の異業種ネットワーク」を特徴とし、「生活者と企業とパイプ役」を担う活動を展開。今年9月の発足40周年へ向け、これまでの活動成果を再確認し、未来を見据えた「ヒーブ」を創造していく取り組みに提示していく。関西支部と九州支部があり、会員所属企業は現在62社。

活動には「月例研究会」「分科会」「自主研究会」などがあり、時代を反映した各種調査も実施、調査に基づく報告書の発行・発信を推進し、その提言は常に社会的関心を集めてきた。5月18日には東京で今年度分科会活動についてのキックオフミーティングが開かれ、4つの分科会が紹介された。会員はいずれかの分科会にエントリーして活動に取り組んでいく。

分科会は「月例会企画・運営分科会」「調査・消費者関連情報分科会」「お客様対応を考える分科会」「商品・サービス研究分科会」の4つ。それぞれの分科会について担当理事が説明。時代の変化に対応した課題を設定し、調査・研究活動を推進していくことなどが紹介された。

(これらヒーブの取組についてはニッポン消費者新聞6月1日号でも掲載予定)

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 香港消費者委員会
    大型連休となる春節(中国の旧正月)を控え、消費者団体の香港消費者委員会は1月15日、海外旅行を計画す...
  2. タイヤパンク応急修理キット
    国民生活センターは1月17日、自動車のパンクに際して応急修理ができる「パンク修理キット」について、同...
  3. 原田禎夫大商大准教授
    大阪商業大学公共学部准教授で、プラスチックごみ問題に取り組むNPO法人の代表理事も務める原田禎夫さん...
  4. ACAP島谷克史理事長
    企業の消費者対応部署の担当者などで構成するACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、島谷克史理事長...
  5. ビール
    食品政策を監視する非営利団体「公益科学センター(CSPI)」は1月11日、ビールなどのアルコール飲料...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る