40周年へ分科会活動キックオフ 日本ヒーブ協議会

  • 2018/5/21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活者と企業とのパイプ役を担い、多様な業種・部門に属する働く女性のネットワークとして活発な取組が注目されている(一社)日本ヒーブ協議会(梶原織梨江代表理事)。今年発足40周年を迎える同協議会は4月20日に今年度総会を開いた後、5月に入り関西支部大会、九州支部大会を相次いで開催、5月18日には東京の分科会活動のスタートとなる分科会エントリーに関するキックオフミーティングを開いた。4つの分科会活動が紹介された。

日本ヒーブ協議会キックオフ

キックオフミーティングで分科会活動を紹介する日本ヒーブ協議会の担当理事(18日)

日本ヒーブ協議会は「働く女性の異業種ネットワーク」を特徴とし、「生活者と企業とパイプ役」を担う活動を展開。今年9月の発足40周年へ向け、これまでの活動成果を再確認し、未来を見据えた「ヒーブ」を創造していく取り組みに提示していく。関西支部と九州支部があり、会員所属企業は現在62社。

活動には「月例研究会」「分科会」「自主研究会」などがあり、時代を反映した各種調査も実施、調査に基づく報告書の発行・発信を推進し、その提言は常に社会的関心を集めてきた。5月18日には東京で今年度分科会活動についてのキックオフミーティングが開かれ、4つの分科会が紹介された。会員はいずれかの分科会にエントリーして活動に取り組んでいく。

分科会は「月例会企画・運営分科会」「調査・消費者関連情報分科会」「お客様対応を考える分科会」「商品・サービス研究分科会」の4つ。それぞれの分科会について担当理事が説明。時代の変化に対応した課題を設定し、調査・研究活動を推進していくことなどが紹介された。

(これらヒーブの取組についてはニッポン消費者新聞6月1日号でも掲載予定)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup!記事

  1. コンシューマー
    アメリカ消費者連合(CFA)は6月20日、設立50周年を祝う式典を開催したと発表した。傘下会員275…
  2. 消費者委員会
    消費者問題解決への手法としてIoTやAI(人工知能)を活用する検討が取り組まれている。消費者委員会は…
  3. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会は、コープ(CO・OP)商品の商品力強化の取り組みの一環として、アレルギー対応…
  4. 講演する印鑰智哉さん
    4月の種子法廃止が食生活にどう影響してくるのかを考える学習会が6月20日、東京都消費生活総合センター…
  5. 消費者庁徳島オフィス
    昨年7月に徳島県庁に開設された消費者庁「消費者行政新未来創造オフォス」の開設1周年記念シンポジウムが…

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー…
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る