<米国>涼しい日でも注意 子どもやペットの車内置き去り

  • 2018/5/29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本格的な夏の到来を前に、米消費者情報誌コンシューマー・リポートは子どもやペットの車内置き去り事故に注意を呼びかけた。涼しいと感じる日でも、密閉された自動車内は1時間もたたずに危険なレベルに達すると警告している。

同誌のテストでは、屋外が約16℃の日でも、密閉状態の車内は1時間程度で40℃以上に上昇することがわかった。同誌医療担当ディレクターのオルリー・アヴィッツア氏は「大人にとって快適な日でも、子どもにとっては脅威となる可能性がある」と指摘。「テスト結果は、車内の熱中症死亡事故が真夏の猛暑日だけに起こるものだという誤解を払拭することになる」と強調した。

密閉状態の車内では、日光によりダッシュボードやシート、ハンドルなどの部品がすぐに熱を持ち、車内温度を上昇させる。窓をわずかに開けたとしても、車体に降り注ぐ日光を遮らない限り、車内では高温状態が続くという。

米国では1998年以降、車内での熱中症による死亡事例が年平均37件発生。今年もすでに6人の子どもが死亡していた。米小児科学会は、体温調節機能が発達していない乳幼児は大人よりも早く脱水状態に陥るとして、車内置き去り事故に注意を呼びかけている。

アイダホ州で2017年5月、5歳児が車内に4時間放置され、熱中症で死亡する事故が発生。その日の最高気温は24℃だった。また、バージニア州で07年3月に起きた9歳児の死亡事故では、当日の最高気温は16℃だったという。

自動車メーカーの一部は置き去り警報システムの搭載を始めており、コンシューマー・ユニオンなどの消費者団体は市場に出回る全車両への標準装備を要求している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup!記事

  1. コンシューマー
    アメリカ消費者連合(CFA)は6月20日、設立50周年を祝う式典を開催したと発表した。傘下会員275…
  2. 消費者委員会
    消費者問題解決への手法としてIoTやAI(人工知能)を活用する検討が取り組まれている。消費者委員会は…
  3. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会は、コープ(CO・OP)商品の商品力強化の取り組みの一環として、アレルギー対応…
  4. 講演する印鑰智哉さん
    4月の種子法廃止が食生活にどう影響してくるのかを考える学習会が6月20日、東京都消費生活総合センター…
  5. 消費者庁徳島オフィス
    昨年7月に徳島県庁に開設された消費者庁「消費者行政新未来創造オフォス」の開設1周年記念シンポジウムが…

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー…
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る