オーディション・レッスン契約で紛争、東京都があっせん解決🔓

  • 2018/6/4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都消費生活総合センターは5月23日、オーディション合格の場で勧誘され、締結したレッスン契約に関する消費者紛争があっせん解決したと発表した。東京都消費者被害救済委員会(会長・村千鶴子弁護士、東経大教授)が解決策を検討していた。

同委員会は、相手方事業者の勧誘方法は特定商取引法で規定したアポイントメント・セールスに該当、レッスン契約に関する重要事項を消費者に知らせていないことから契約を取り消すことができると判断、消費者は入学金やレッスン料の一切を支払う必要はないとするあっせん案を提示。これを受け、双方合意に至った。今回の解決事例についてはモデル・タレント教室トラブルが全国で目立つことから、各地の相談現場での対応にも活用される。

紛争解決を申し立てていたのは20歳代の女性(大学生)。映画のメインキャスト募集と書かれたサイトを見て応募したオーディションで合格を告げられたが、その場で映画出演レッスン契約を勧誘され締結。レッスンの受講前に解約を申し出たところ、高額な入学金を支払うよう求められたことから紛争へと発展した。

東京都消費生活総合センターによると、申立人の主張は次のような内容。

昨年5月中旬、申立人は無料オーデションサイトを見て応募。サイトには有名俳優の起用経験のある監督の映画にセリフのある役で出演できると記載されていた。オーディションには20人ほどが参加した。

翌日、電話連絡があり…(以下続く)

(本紙「ニッポン消費者新聞」6月1日号より転載)

・この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
ジー・サーチ データベースサービス
日経テレコン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup!記事

  1. コンシューマー
    アメリカ消費者連合(CFA)は6月20日、設立50周年を祝う式典を開催したと発表した。傘下会員275…
  2. 消費者委員会
    消費者問題解決への手法としてIoTやAI(人工知能)を活用する検討が取り組まれている。消費者委員会は…
  3. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会は、コープ(CO・OP)商品の商品力強化の取り組みの一環として、アレルギー対応…
  4. 講演する印鑰智哉さん
    4月の種子法廃止が食生活にどう影響してくるのかを考える学習会が6月20日、東京都消費生活総合センター…
  5. 消費者庁徳島オフィス
    昨年7月に徳島県庁に開設された消費者庁「消費者行政新未来創造オフォス」の開設1周年記念シンポジウムが…

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー…
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る