アマゾン名乗る架空請求、注意喚起後も相談殺到 東京都

  • 2018/6/12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アマゾンを名乗る架空請求に関する相談が依然として相次いでいるとして、東京都消費生活総合センターが注意を呼びかけている。同センターは昨年11月にも同様の注意喚起を行ったが、その後も相談が殺到。今年3月には直近1年間で最も多い534件の相談が寄せられていた。

都内の消費生活センターに、アマゾンを名乗る架空請求の相談が昨年4月から今年3月までの1年間に3851件あった。都消費生活総合センターは昨年11月、悪質手口などについて注意を呼びかけたものの、その後も相談が殺到。2月には404件と初めて400件台を超え、3月には1年間で最も多い534件と急増していた。

主な手口は、「未納料金が発生しているので、本日中に連絡がない場合は法的措置に移行する」とのSMS(ショートメールサービス)を送り付けるというもの。不安を覚えた消費者が電話番号に連絡すると、動画サイトの利用料金として30万円近い金額を請求。コンビニでギフト券を購入するよう指示し、その番号を聞きだして金銭を盗み取る。

実在するアマゾンジャパン合同会社と架空請求事案とは無関係。同社はSMSで未納料金を請求することはなく、未納料金の支払方法として利用者にギフト券を購入させてそのカード番号を連絡させることもない。

過去にはヤフーやDMM.comなど別の大手サイトを名乗る架空請求が横行した経緯があり、都消費生活総合センターは「こうした手口には注意が必要だ」と呼びかけている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup!記事

  1. コンシューマー
    アメリカ消費者連合(CFA)は6月20日、設立50周年を祝う式典を開催したと発表した。傘下会員275…
  2. 消費者委員会
    消費者問題解決への手法としてIoTやAI(人工知能)を活用する検討が取り組まれている。消費者委員会は…
  3. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会は、コープ(CO・OP)商品の商品力強化の取り組みの一環として、アレルギー対応…
  4. 講演する印鑰智哉さん
    4月の種子法廃止が食生活にどう影響してくるのかを考える学習会が6月20日、東京都消費生活総合センター…
  5. 消費者庁徳島オフィス
    昨年7月に徳島県庁に開設された消費者庁「消費者行政新未来創造オフォス」の開設1周年記念シンポジウムが…

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー…
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る