IoT製品をもっと安全に! CIとISOCが協働

  • 2018/6/14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各国の消費者団体でつくる国際消費者機構(CI)と、インターネットの普及・発展に取り組む国際的非営利組織インターネットソサエティ(ISOC)がパートナーシップを結んだ。

IoT製品が急速に普及する中、より安全にインターネットが利用できるようセキュリティの向上と個人情報保護の強化を政府や企業に訴えていく。両組織は共同声明で「IoT製品の普及には消費者からの信頼獲得が必要。我々はセキュリティとプライバシー保護を向上させるため、業界団体や消費者団体と協力していく」と連携を呼びかけた。

両組織は6月13日、CIのアマンダ・ロング事務局長とISOCのキャスリン・ブラウンCEOの連名で共同声明を発表。IoT製品が日常生活に広がる中、規制の遅れによるリスクの増大を懸念した。

声明では、IoT製品の具体例としてスマートテレビやスマートウォッチ(ウェアラブル製品)、スマート玩具をあげ、北米、欧州、日本をはじめ新興国にまでマーケットが拡大していると強調。「これらは利便性、効率性、個人に適したサービスの提供を約束しているが、セキュリティと個人情報保護を軽視した製品も数多く流通している」と指摘した。

両組織は「消費者は安全で安心してインターネットを利用し、個人データがどのように収集され、保護され、共有され、管理されるのかを知る権利がある」と主張。セキュリティと個人情報保護は信頼を勝ち取る重要な柱だとして、メーカー、販売業者、規制当局に対策を求めていくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup!記事

  1. コンシューマー
    アメリカ消費者連合(CFA)は6月20日、設立50周年を祝う式典を開催したと発表した。傘下会員275…
  2. 消費者委員会
    消費者問題解決への手法としてIoTやAI(人工知能)を活用する検討が取り組まれている。消費者委員会は…
  3. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会は、コープ(CO・OP)商品の商品力強化の取り組みの一環として、アレルギー対応…
  4. 講演する印鑰智哉さん
    4月の種子法廃止が食生活にどう影響してくるのかを考える学習会が6月20日、東京都消費生活総合センター…
  5. 消費者庁徳島オフィス
    昨年7月に徳島県庁に開設された消費者庁「消費者行政新未来創造オフォス」の開設1周年記念シンポジウムが…

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー…
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る