会員増を踏まえ新方針 日本消費者連盟総会

  • 2018/6/18
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

NPO法人日本消費者連盟(日消連)は6月16日、都内で今年度定期総会を開き、「香害」「遺伝子組み換え食品」などの社会的関心の高い取組を背景に、日消連の活動に賛同して入会者が増加していることを報告。今後も若い消費者を対象に新たな消費者運動のネットワークを構築していくことを方針の一つにあげた。日消連は来年創立50周年を迎えることから、情報誌「消費者リポート」で50周年企画を連載。ラルフ・ネーダー氏や竹内直一氏を紹介し、50年を振り返りながら今後の運動課題を提示している。

日本消費者連盟総会

会員の増加が報告された日本消費者連盟の定期総会(16日)

総会では、今年度運動方針として、食品、環境、憲法、国際化などの分野で、課題を提示する取組の継続展開を確認。遺伝子組み換え食品反対運動、リスクの高い食品添加物の禁止要請、改憲反対への連携運動、さらに、香り成分規制へのキャンペーンなどを推進していくことを確認した。会員は今年3月末で約1500人。昨年度よりも約50人増加。その理由として「運動への取り組みに賛同者が増加している」としている。日消連共同代表は、大野和興さん、天笠啓祐さんの2人が選任された。

総会後には公開講演会を開催。「香害は公害との位置づけを」「マイクロプラスチックによる地球的汚染が拡大している」「ネオニコチノイド系薬剤に抜本的規制を」などを求める報告が提示された。講演には日消連関西グループ代表の山崎昌子さん、さがみはら環境問題研究会代表・栗岡理子さん、日消連運営委員で国際農薬監視行動ネットワークアジア・太平洋に日本代表の田坂興亜さんが招かれた。

(詳細は本紙「ニッポン消費者新聞」7月1日号にて掲載予定)

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 香港消費者委員会
    大型連休となる春節(中国の旧正月)を控え、消費者団体の香港消費者委員会は1月15日、海外旅行を計画す...
  2. タイヤパンク応急修理キット
    国民生活センターは1月17日、自動車のパンクに際して応急修理ができる「パンク修理キット」について、同...
  3. 原田禎夫大商大准教授
    大阪商業大学公共学部准教授で、プラスチックごみ問題に取り組むNPO法人の代表理事も務める原田禎夫さん...
  4. ACAP島谷克史理事長
    企業の消費者対応部署の担当者などで構成するACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、島谷克史理事長...
  5. ビール
    食品政策を監視する非営利団体「公益科学センター(CSPI)」は1月11日、ビールなどのアルコール飲料...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る