<キユーピー>食品ロス削減へ「年月表示」開始

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

食品ロス問題が国際課題として注目される中、キユーピーは市販用介護食のうちレトルトパウチ47品目をこれまでの「年月日表示」から「年月表示」へ変更する。あわせて47品目の賞味期間を延長し、返品や廃棄の削減をめざす。同社の年月表示は初。今年9月製造分から実施する。

キユーピー年月表示キユーピーは2016年にマヨネーズの賞味期間延長を実施したが、年月表示を実施するのは今回が初めて。対象となる「やさしい献立シリーズ」は品目が多く賞味期間が比較的長いことから、年月表示による流通から店頭までのオペレーションの簡素化が期待できるとしている。

あわせて、同品目の賞味期間の延長にも取り組む。賞味期間が12カ月の商品は13カ月へ、18カ月の商品は19カ月へと1カ月延長し、返品や廃棄の削減につなげていく(「かまなくてよい」のなめらかごはんのみ12カ月から19カ月へと変更)。

日本国内で発生する食品ロスは年間約646万トン(2015年度、農水省・環境省推計)。国際的にも食品ロスの削減が課題となっており、2015年9月の国連サミットでは「持続可能な開発目標(SDGs)」の一つとして取り上げられた。

キユーピーは2011年から、製造業・卸売業・小売業各社が集まる「製・配・販連携協議会」において返品削減などの協議に参画。16年には看板商品のキユーピーマヨネーズ(一部容量)とキユーピーハーフの賞味期間を10カ月から12カ月に延長するなど食品ロス削減に向けた取り組みを展開している。

(本紙「ニッポン消費者新聞」7月1日号より転載)

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 車輪に傘を巻き込む
    新生活がスタートする4月と5月に自転車の製品事故が増加するとして、NITE(製品評価技術基盤機構)が...
  2. 宮腰光寛消費者担当大臣
    国際消費者機構(CI)が提唱する3月15日の「世界消費者権利デー」にちなみ、消費者担当・宮腰光寛大臣...
  3. 全国消費者大会
    全国の消費者35団体が実行委員会を結成し3月15日、都内で全国消費者大会を開催した。今年で57回目。...
  4. which
    ユニークな生活家電を世に送り出し、各国のテレビショッピング業界では知られた存在となっている英国JML...
  5. 景表法違反を指摘されたベビーマジック持ち帰り箱
    「国産小麦をたっぷり使用」などと不当な広告表示をしたとして、大阪府は3月13日、焦がしシュークリーム...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る