<キユーピー>食品ロス削減へ「年月表示」開始

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

食品ロス問題が国際課題として注目される中、キユーピーは市販用介護食のうちレトルトパウチ47品目をこれまでの「年月日表示」から「年月表示」へ変更する。あわせて47品目の賞味期間を延長し、返品や廃棄の削減をめざす。同社の年月表示は初。今年9月製造分から実施する。

キユーピー年月表示キユーピーは2016年にマヨネーズの賞味期間延長を実施したが、年月表示を実施するのは今回が初めて。対象となる「やさしい献立シリーズ」は品目が多く賞味期間が比較的長いことから、年月表示による流通から店頭までのオペレーションの簡素化が期待できるとしている。

あわせて、同品目の賞味期間の延長にも取り組む。賞味期間が12カ月の商品は13カ月へ、18カ月の商品は19カ月へと1カ月延長し、返品や廃棄の削減につなげていく(「かまなくてよい」のなめらかごはんのみ12カ月から19カ月へと変更)。

日本国内で発生する食品ロスは年間約646万トン(2015年度、農水省・環境省推計)。国際的にも食品ロスの削減が課題となっており、2015年9月の国連サミットでは「持続可能な開発目標(SDGs)」の一つとして取り上げられた。

キユーピーは2011年から、製造業・卸売業・小売業各社が集まる「製・配・販連携協議会」において返品削減などの協議に参画。16年には看板商品のキユーピーマヨネーズ(一部容量)とキユーピーハーフの賞味期間を10カ月から12カ月に延長するなど食品ロス削減に向けた取り組みを展開している。

(本紙「ニッポン消費者新聞」7月1日号より転載)

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 架空請求対策緊急提示
    内閣総理大臣を会長に全閣僚を委員として構成する「消費者政策会議」は7月22日、架空請求詐欺が急増して...
  2. 消費者庁
    商品の価格を据え置きながら内容量を減らす「ステルス値上げ(実質値上げ、隠れ値上げ)」――。 加...
  3. 東京地方裁判所
    NTTドコモに対して埼玉消費者被害をなくす会が訴えている控訴審第一回弁論が7月18日、東京高裁で開か...
  4. 香港消費者委員会
    セルライト除去クリームの効果はごくわずかで一時的、しかもボディーローションと同程度だった――。こうし...
  5. 日本消費者連盟
    韓国・ソウルで7月19日、日米韓の消費者・市民団体が遺伝子組み換え表示をめぐる国際シンポジウムが開催...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る