【豪州】安全なペットフードを! 3月にも犬100頭が被害

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

豪州の消費者団体CHOICE(チョイス)がペットフード安全法の成立を求める署名運動を展開している。同国にはペットフードの安全性に関する法規制がなく、メーカーによる自主基準があるのみ。被害が起きてもリコールの判断はメーカーにゆだねられている状況で、ペットフードに関連したペットの重病や死亡もたびたび起きていた。チョイスは早急な法規制を要求している。

チョイスによると、今年3月にも人気ドッグフード製品「Advance Dermocare」が原因とみられる健康被害が発生。警察犬を含む100頭以上の犬が治る見込みのない「巨大食道症」を患い、少なくとも17頭が死亡したという。現在、メーカーが製品の自主回収を進めているが、こうしたリコール事案は直近7年間で3度目になるという。

チョイスが要求しているのは、ペットフードの品質・安全基準の策定▽リコール制度の導入▽ラベル表示の改善――など。ドッグフード被害事件を機に、政界でも法規制に向けた動きがみられ、現在、上院が実態調査を実施中。8月末をめどに報告書と提言をまとめる方針だ。

チョイスは「今が消費者の声を届ける最大のチャンスだ」とし、署名への賛同を呼びかけた。キャンペーンでは、参加者らでペットの写真を共有化する企画も行っており、その一部が公開されている。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 架空請求対策緊急提示
    内閣総理大臣を会長に全閣僚を委員として構成する「消費者政策会議」は7月22日、架空請求詐欺が急増して...
  2. 消費者庁
    商品の価格を据え置きながら内容量を減らす「ステルス値上げ(実質値上げ、隠れ値上げ)」――。 加...
  3. 東京地方裁判所
    NTTドコモに対して埼玉消費者被害をなくす会が訴えている控訴審第一回弁論が7月18日、東京高裁で開か...
  4. 香港消費者委員会
    セルライト除去クリームの効果はごくわずかで一時的、しかもボディーローションと同程度だった――。こうし...
  5. 日本消費者連盟
    韓国・ソウルで7月19日、日米韓の消費者・市民団体が遺伝子組み換え表示をめぐる国際シンポジウムが開催...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る