「景表法の認識、甘かった」 大手有料老人ホーム行政処分🔓

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

消費者庁が7月3日、全国に「イリーゼ」という106施設の有料老人ホームを展開する運営大手の「HITOWAケアサービス」(本社・東京都港区)に不当表示の措置命令を下したことに対し、同社は「景品表示法の認識が甘かった」とニッポン消費者新聞にコメントした。「再発防止へ社内管理体制を整備・強化していく」としている。大手事業者の違反発覚によって同様事例は業界内に潜在化しているのでは、消費者団体は懸念している。

イリーゼのパンフレット

違反表示が発覚したイリーゼのパンフレット

この措置命は、「イリーゼ」のパンフレットが終身入居を謳いながら、実際は入居契約を解除する場合があることを明記していなかったことから景品表示法に違反するとして下された。同法5条3号に基づく「有料老人ホームに関する不当な表示」の告示違反となる。

同告示項目には、有料老人ホームについて「終身にわたって入居者が居住し、または介護サービスの提供を受けられるかのような表示であって、入居者の状態によっては、当該入居者が当該有料老人ホームにおいて終身にわたって居住し、または介護サービスの提供を受けられない場合があるにもかかわらず、そのことを明りょうに記載されていないもの」に対しては違反表示と定めている。

イリーゼのパンフレットは…(以下続く)

 ◆この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 架空請求対策緊急提示
    内閣総理大臣を会長に全閣僚を委員として構成する「消費者政策会議」は7月22日、架空請求詐欺が急増して...
  2. 消費者庁
    商品の価格を据え置きながら内容量を減らす「ステルス値上げ(実質値上げ、隠れ値上げ)」――。 加...
  3. 東京地方裁判所
    NTTドコモに対して埼玉消費者被害をなくす会が訴えている控訴審第一回弁論が7月18日、東京高裁で開か...
  4. 香港消費者委員会
    セルライト除去クリームの効果はごくわずかで一時的、しかもボディーローションと同程度だった――。こうし...
  5. 日本消費者連盟
    韓国・ソウルで7月19日、日米韓の消費者・市民団体が遺伝子組み換え表示をめぐる国際シンポジウムが開催...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る