「真似っこビジネス」ウソのオンパレード、消費者庁が注意喚起

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

「やることは真似をするだけ」「毎月150万円以上を狙う!システムツールをあなただけにプレゼント」などとウェブサイトで謳い、メールアドレスを登録した消費者に勧誘メールを送信して電話で有料コースの高額契約を勧めていた「株式会社きれい」(東京都江東区)に対し、消費者庁は7月6日、消費者の利益を不当に害する行為をしているとして、消費者安全法に基づき同社情報を公開し、消費者に注意を呼びかけた。同社については昨年11月今年6月中旬までに262件の苦情相談が各地消費生活センターに寄せられていた。

消費者庁によると、今回の注意喚起に際しては東京都と合同調査を実施。被害拡大防止へ向け、迅速に消費者に注意を促す必要があったとしている。

消費者庁によると、きれいはSNSなどの広告で消費者を「真似っこビジネス」のウェブサイトに誘導。そのサイトには「やることは真似をするだけ」「毎月150万円以上を狙う!システムツールを今だけあなたにプレゼント」などと記載されていた。

サイトを見てメルアドを入力した消費者に、真似っこビジネスを初めて実施した男性が1日だけで5万7000円の収益を得たとする動画を送付。また「課題をクリアすれば5000円分の電子マネーをプレゼント」などと謳うメールも送付していた。提示されていた課題は、真似っこビジネスで得たい目標月収などを入力するなど、誰でもクリアーできるものだった。

課題をクリアした消費者には「選ばれました」と称して真似っこビジネスを始めるためのマニュアルの購入を勧め、購入した消費者に多額の収益が得られることを記載したPDFファイルを送信する。さらに、稼ぎ方の説明を受けたいと考えて連絡してきた消費者に、有料コース別の勧誘を勧める。

消費者庁によると、消費生活センターに寄せらた同社に関する既払い被害者は131人。被害合計は3800万円で、100万円を支払った消費者もいた。消費者庁は同種勧誘方法で被害を拡大させている事業者もまだ存在することから、「まずは早急に消費者に注意を喚起し、被害防止を図る必要がある」とし、今回の公表となった。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 架空請求対策緊急提示
    内閣総理大臣を会長に全閣僚を委員として構成する「消費者政策会議」は7月22日、架空請求詐欺が急増して...
  2. 消費者庁
    商品の価格を据え置きながら内容量を減らす「ステルス値上げ(実質値上げ、隠れ値上げ)」――。 加...
  3. 東京地方裁判所
    NTTドコモに対して埼玉消費者被害をなくす会が訴えている控訴審第一回弁論が7月18日、東京高裁で開か...
  4. 香港消費者委員会
    セルライト除去クリームの効果はごくわずかで一時的、しかもボディーローションと同程度だった――。こうし...
  5. 日本消費者連盟
    韓国・ソウルで7月19日、日米韓の消費者・市民団体が遺伝子組み換え表示をめぐる国際シンポジウムが開催...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る