【米国】花火は合法だが危険な製品 毎年7人以上が死亡

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

7月4日の独立記念日を含め、多くのイベントやパーティで使われる花火。一般家庭でも誕生日会や祝い事などで1年中使われているが、米消費者製品安全委員会(CPSC)は6月から7月にかけて花火による事故が最も発生しているとして、注意を呼びかけた。毎年、死亡事故も起きているという。

CPSCによると、2017年は8人が死亡。被害者は4歳~57歳で、製品別では打ち上げ花火が5件、自家製花火が1件、爆竹が1件、スパークラー(手持ち花火)が1件。重軽傷により医療機関に搬送された事例は1万2900件(推計値)に及んだという。

ケンタッキー州ボウリンググリーンに住むパイロットのマイケル・スペンサー氏は花火の事故で両手の指を数本失い、これまで11回以上の手術を受けてきた。CPSCはこの事例を啓発イベントなどで紹介し、「こうした悲劇がほかの誰かに起こらないよう安全な使用方法と花火の危険性を知る必要がある」と呼びかけている。

米国では02~17年、花火の事故で年平均7.25人が死亡している。CPSCは「花火は合法な製品だが非常に危険。本格的な花火を楽しみたいのであれば専門家に任せるべきだ」としている。

消費者へのアドバイスとしては▽違法な製品を購入しない▽プロ用花火を使ったり、自作したりしない▽茶色の紙に包まれた花火はプロ用なので手を出さない▽子どもだけで遊ばせない▽スパークラーの炎は1000℃を超え、金属を溶かすほど高温なので注意する▽一つずつ使う▽水を張ったバケツを用意しておく――など。花火に関する詳細情報はCPSCホームページ内の専門ページ「花火情報センター」を閲覧するよう呼びかけている。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 架空請求対策緊急提示
    内閣総理大臣を会長に全閣僚を委員として構成する「消費者政策会議」は7月22日、架空請求詐欺が急増して...
  2. 消費者庁
    商品の価格を据え置きながら内容量を減らす「ステルス値上げ(実質値上げ、隠れ値上げ)」――。 加...
  3. 東京地方裁判所
    NTTドコモに対して埼玉消費者被害をなくす会が訴えている控訴審第一回弁論が7月18日、東京高裁で開か...
  4. 香港消費者委員会
    セルライト除去クリームの効果はごくわずかで一時的、しかもボディーローションと同程度だった――。こうし...
  5. 日本消費者連盟
    韓国・ソウルで7月19日、日米韓の消費者・市民団体が遺伝子組み換え表示をめぐる国際シンポジウムが開催...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る