「自動運転の説明不十分」 第一生命経済研究所が調査結果

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

第一生命経済研究所は7月11日、記者懇談会を開き、同社ライフデザイン研究部の研究・調査結果を発表した。「人生100年時代の働き方に関するアンケート調査」「自動運転の普及と消費者意識」をはじめ、「三大疾病を経験した60代男女の老後不安」、さらに「つながりのネットワーク、コミュニティ」の重要性と課題の研究などが報告された。自動運転と消費者意識調査では、販売時に衝突被害軽減ブレーキ、車間距離距離制御装置などの自動運転技術の説明を十分受けていないと感じている消費者が2割前後存在していたことが示された。

第一生命経済研究所記者懇談会

自動運転と消費者意識などの調査結果が発表された(11日)

これら調査・研究内容は第一生命経済研究所発行の「ライフデザインレポート」(Summer2018.7)に掲載されている。7月11日の記者懇談会には「活動報告」として「三大疾病を経験した60代男女の老後不安」や、「コミュニティ」の重要性を研究領域とする調査への取組も報告された。「人生100年時代の働き方アンケート調査」では、長く働き続けるための「学び直し」の重要性が指摘され、そのためには企業側からの働きかけも必要との論点が提示された。

「自動運転の普及と消費者意識」の調査結果では、現在の自動運転技術の実用化状況や実証実験動向、その課題などが紹介された。消費者アンケート調査では,自動運転技術が搭載されている自動車の購入にあたって、販売店から機能の説明があったかどうか尋ねたところ、2割前後の消費者が「詳しい説明は受けなかった」と回答していた。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 架空請求対策緊急提示
    内閣総理大臣を会長に全閣僚を委員として構成する「消費者政策会議」は7月22日、架空請求詐欺が急増して...
  2. 消費者庁
    商品の価格を据え置きながら内容量を減らす「ステルス値上げ(実質値上げ、隠れ値上げ)」――。 加...
  3. 東京地方裁判所
    NTTドコモに対して埼玉消費者被害をなくす会が訴えている控訴審第一回弁論が7月18日、東京高裁で開か...
  4. 香港消費者委員会
    セルライト除去クリームの効果はごくわずかで一時的、しかもボディーローションと同程度だった――。こうし...
  5. 日本消費者連盟
    韓国・ソウルで7月19日、日米韓の消費者・市民団体が遺伝子組み換え表示をめぐる国際シンポジウムが開催...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る