「7月豪雨消費者トラブル110番」開設 国民生活センター

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

7月の豪雨被災地域と被災者・関係者を対象に、国民生活センターが「平成30年7月豪雨消費者トラブル110番」を7月13日の午後1時から開設する。7月14日(土)以降は午前10時から午後4時まで。土日祝日も実施する。被災対象地域10府県からつながるフリーダイヤル(通話料無料)で消費生活に関する相談を受け付ける。電話番号は、フリーダイヤル0120-7934-48(なくそうよ、しんぱい)。

この「110番」は7月に発生した豪雨災害に関連した消費者トラブルを対象に、10府県からつながるフリーダイヤルで実施する。10府県は、岐阜県、京都府、兵庫県、鳥取県、岡山県、広島県、愛媛県、高知県、島根県、福岡県の被災府県。設置されたフリーダイヤル番号は10府県以外からはつながらない。設定地域以外から相談したい人は消費者ホットライン「188」でも受け付けている。この場合は、最寄りの消費生活センターや消費者生活相談窓口への案内となる。

過去の災害では、家屋の強引なリフォーム勧誘、市役所を名乗った義援金の呼びかけなど、災害に便乗した悪質商法が横行した例があった。国民生活センターでは、それら被害の防止を図ることを目的とし「できるだけ迅速に対応できるよう110番を設置した」としている。相談例には「アパートが水浸しになり住めない状況だが、このまま家賃を払わなくてはいけないのか」などの切迫した内容も多いという。

相談電話番号は、フリーダイヤル 0120-7934-48(なくそうよ、しんぱい)

開設期間は、毎日10時~16時(土日祝日含む)

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. ACAP島谷克史理事長
    企業の消費者対応部署の担当者などで構成するACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、島谷克史理事長...
  2. ビール
    食品政策を監視する非営利団体「公益科学センター(CSPI)」は1月11日、ビールなどのアルコール飲料...
  3. 英国の消費者団体Which?
    米ネバダ州ラスベガスで始まった家電見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」で、英...
  4. 消費者庁
    消費者庁は1月16日、毎年5月に実施する消費者月間の統一テーマを発表した。昨年と同様のテーマに年度の...
  5. 東京都庁
    東京都がまとめた今年度上半期の「60歳以上の高齢者」相談は2万7466件で、前年同期比48.1%の増...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る