公園遊具、70℃に 乳幼児の屋外でのやけどに注意 東京都

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

日差しに熱せられた公園の遊具やアスファルトなどで乳幼児がやけどをするおそれがあるとして、東京都が注意を呼びかけている。都の調べでは、6月下旬時点でも公園の滑り台の表面温度が70℃を超えていたという。各地で厳しい暑さが続く中、都は「お子さんが屋外で遊ぶときは、高温になっているものが周囲にないか確認してほしい」としている。

都は6月25日、新宿区内の公園で遊具の表面温度を測定する調査を実施。調査時の気温は31℃、湿度は45%だったが、滑り台が70.5℃を記録したほか、滑り台の登り階段が52.3℃、ベンチが58.1℃、地面が69.6℃といずれも高温だった。滑り台は当時、やけど事故を防ぐため使用禁止になっていたという。

また都のヒヤリハット調査(2013年実施)では、子どもを持つ保護者3000人のうち130人が「公園の遊具が熱かった」と回答。「日差しで滑り台が熱くなっていて、おしりをやけどした」(1歳女児)、「8月、通りがかった公園で、ジャングルジムに登ろうとして触れたら熱かったようですぐに手を引っ込めた」(5歳女児)などの事例が寄せられた。屋外の金属製品やアスファルトも要注意で、チャイルドシートの金具、車のボンネット、機械式駐車場、プールサイドの排水溝のアルミ部分などでヒヤリハット事例が報告された。

子どもは大人に比べて皮膚が薄く、やけどが重症化する傾向がある。気象庁の3カ月予想によると、7月から9月まで気温は高くなる見通しで、子どもの屋外での行動には注意が必要だ。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. コンシューマーリポート
    クレジットカード発行会社が、会員に無料提供してきた特典の廃止・縮小を加速させている。シティーバンクは...
  2. 香港消費者委員会
    消費者問題に関する報道を表彰する第18回コンシューマー・ライツ・レポーティング・アワード(CRRA)...
  3. コンシューマーリポート
    「新車にスペアタイヤが付いてないことに気づいた! 私は騙されたの?」――。そんな消費者の質問に対する...
  4. 東京都庁
    東京都はこのほど昨年度のインターネット広告の監視事業結果を発表。2万4千件の広告を監視し、うち338...
  5. 電気ポットのパッキン
    お湯を沸かして保温する「電気ポット」に関連した子どものやけど事故が5年間に206件起きていることが8...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る