日米韓連携へ、遺伝子組み換え食品反対運動 国際シンポ報告会

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

7月24日、日本消費者連盟や生活クラブ連合会など消費者・市民団体は、韓国で7月19日に開かれた「日米韓遺伝子組み換え食品国際シンポジウム」の報告集会を東京青山のウィメンズプラザで開催した。日本の表示体系の遅れと遺伝子組み換え食品に対する国際的な反対運動の高まりが報告された。

日米韓遺伝子組み換え食品国際シンポジウム報告会

200人以上が参加した国際シンポジウムの内容が報告された(24日)

韓国ソウルで開催された国際シンポジウムは「消費者の知る権利と遺伝子組み換え表示制度」をテーマに7月19日に開催された。日本からは日本消費者連盟、生活クラブ連合会の担当者が参加し、米国からは遺伝子組み換え食品の反対運動を展開する市民団体などが参加した。

7月24日の報告会は、国際シンポジウムで焦点となった各国表示制度の実態と問題点、今後の改善点、その展望などを話し合い、日本での今後の取り組みを検討することを目的とした。

日本消費者連盟・纐纈美千世事務局長は、日本の遺伝子組み換え表示制度が「消費者の知る権利」を保障するものとなっていないと指摘。韓国の制度の先進的な点を紹介しつつ、それでもまだ不十分だとする韓国消費者の意見は多く、現在も改正運動が続けられていることを紹介した。

生活クラブ連合会の清水亮子さんは、遺伝子組み換え食品表示に対する生活クラブ生協の取り組みを紹介。日本の現行表示制度の課題を指摘し、組合員の視点から韓国の表示制度も参考にした表示体制を導入していることを説明した。

報告会では、「国際シンポジウムを契機に、日米韓の消費者・市民団体の連携運動を構築していくべきだ」との今後の取り組みも提起された。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 国民生活センター
    天皇陛下の退位に便乗した商法によるトラブルが報告されたとして、国民生活センターが注意を呼びかけている...
  2. 全日本トラック協会Gマーク制度
    全日本トラック協会(東京都新宿区)は12月13日、交通安全対策に関する基準をクリアしたとして、201...
  3. コンシューマーリポート
    車の老朽化とともに黄ばみが目立ってくるヘッドライト。放置していると新車購入時と比較して照度が8割程度...
  4. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会は12月6日、子どもの貧困の支援に取り組む生協が54生協に増加したと発表した。...
  5. インターネット詐欺
    埼玉県は上半期の消費生活相談概要をまとめ、前年同期比17.6%増の2万8867件を受け付けたと発表し...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る