日米韓連携へ、遺伝子組み換え食品反対運動 国際シンポ報告会

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

7月24日、日本消費者連盟や生活クラブ連合会など消費者・市民団体は、韓国で7月19日に開かれた「日米韓遺伝子組み換え食品国際シンポジウム」の報告集会を東京青山のウィメンズプラザで開催した。日本の表示体系の遅れと遺伝子組み換え食品に対する国際的な反対運動の高まりが報告された。

日米韓遺伝子組み換え食品国際シンポジウム報告会

200人以上が参加した国際シンポジウムの内容が報告された(24日)

韓国ソウルで開催された国際シンポジウムは「消費者の知る権利と遺伝子組み換え表示制度」をテーマに7月19日に開催された。日本からは日本消費者連盟、生活クラブ連合会の担当者が参加し、米国からは遺伝子組み換え食品の反対運動を展開する市民団体などが参加した。

7月24日の報告会は、国際シンポジウムで焦点となった各国表示制度の実態と問題点、今後の改善点、その展望などを話し合い、日本での今後の取り組みを検討することを目的とした。

日本消費者連盟・纐纈美千世事務局長は、日本の遺伝子組み換え表示制度が「消費者の知る権利」を保障するものとなっていないと指摘。韓国の制度の先進的な点を紹介しつつ、それでもまだ不十分だとする韓国消費者の意見は多く、現在も改正運動が続けられていることを紹介した。

生活クラブ連合会の清水亮子さんは、遺伝子組み換え食品表示に対する生活クラブ生協の取り組みを紹介。日本の現行表示制度の課題を指摘し、組合員の視点から韓国の表示制度も参考にした表示体制を導入していることを説明した。

報告会では、「国際シンポジウムを契機に、日米韓の消費者・市民団体の連携運動を構築していくべきだ」との今後の取り組みも提起された。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. カキ
    食品安全委員会の専門調査会は10月19日、ノロウイルスに関するリスクプロファイルの最終案を取りまとめ...
  2. ジャパネットたかた
    通販大手の「ジャパネットたかた」(長崎県佐世保市)が会員カタログや新聞折り込みチラシなどで不当な二重...
  3. 米連邦取引委員会
    詐欺の支払い手段として電子ギフトカードが悪用されるケースが増えているのは、各国共通のようだ。 ...
  4. 食品ロス対策で意見交換
    料理専門家として各省庁の食育関連検討会の委員などを務める服部学園理事長・服部幸應さんが10月17日、...
  5. クエスト社名公表
    「スマホをタップするだけでお金が稼げる」と謳う事業者に対する苦情相談が今年4月以降9月末までに全国の...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る