電気の契約トラブル相談2.9倍 不審な電話勧誘も 愛知県

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

愛知県は7月30日、1~6月に寄せられた「電気の契約」に関する相談が235件に上り、前年同月と比べて2.9倍に増加したと発表した。自動音声などの電話勧誘や契約・解約に関する事例が目立った。消費者が内容を十分に理解しないまま契約してしまう事例も見受けられたといい、県は「セールストークを鵜呑みにせず、正確な情報を収集し、契約は慎重にしてほしい」と呼びかけている。

県によると、「電話勧誘」(不審な電話があった)に関する相談が118件と最も多く、全体の半数を占めた。以下、「契約書・書面」(契約書に問題があった等)が51件(21.7%)、「解約」(解約したい)が48件(20.4%)、「説明不足」(説明が不足していた)が45件(19.1%)、「連絡不能」(業者と連絡がとれなくなった)が40件(17%)など。

70代の男性は、来訪した業者に「電気メーターを取り替えれば、今後、検針の必要はなくなり、電気料金も100円くらい安くなる。費用は無償で一切かからない」と説明され、契約している電力会社から来ていると思い、言われるがまま契約書にサインしてしまった。後日、契約している電気会社に確認したところ、「当社とは一切関係ない」と言われた。消費生活センターが契約書を確認したところ、メーターを取り替えるだけの契約ではなく、電力会社を変更する契約になっていたという。

そのほか「大手電力会社を名乗る自動音声による勧誘電話が頻繁にかかってくる」「地域のガス会社のテレビCMを見て、電話をかけたところ、月1700円程度安くなるといわれたが、契約しても大丈夫か」などの相談があった。

2016年4月の電力小売り全面自由化以降、新規参入した事業者が様々な契約プランを提示し、それとともに契約トラブルも起きているという。県は経済産業省の登録を受けている業者かどうか、料金が安くなる条件、毎月の支払額、契約期間、解約条件などを確認の上、契約するようアドバイスしている。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. カキ
    食品安全委員会の専門調査会は10月19日、ノロウイルスに関するリスクプロファイルの最終案を取りまとめ...
  2. ジャパネットたかた
    通販大手の「ジャパネットたかた」(長崎県佐世保市)が会員カタログや新聞折り込みチラシなどで不当な二重...
  3. 米連邦取引委員会
    詐欺の支払い手段として電子ギフトカードが悪用されるケースが増えているのは、各国共通のようだ。 ...
  4. 食品ロス対策で意見交換
    料理専門家として各省庁の食育関連検討会の委員などを務める服部学園理事長・服部幸應さんが10月17日、...
  5. クエスト社名公表
    「スマホをタップするだけでお金が稼げる」と謳う事業者に対する苦情相談が今年4月以降9月末までに全国の...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る