お金儲けにはならない! 情報商材ネット販売被害急増

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

国民生活センターは8月2日、「月数百万円稼げる」「億の儲けが出る投資法」などのお金儲けのノウハウと称して、インターネットで取引される情報商材を購入して被害にあう消費者トラブルが急増していることを重視、消費者に怪しいと思ったら連絡しない、話が違うと思ったらきっぱりと契約を断るなどの注意を喚起した。

同センターによると、全国の消費生活センターには「1日数分の作業で月に数百万円を稼ぐ」「○万円が○億円になる投資法」などと謳って、そのノウハウなどをインタ―ネットで販売する情報商材商法による被害相談が急増している。昨年度の相談件数は6593件と4年前の7倍となり、今年度も増加ペースが続いてるという。

相談内容は「高額収入を得る方法を教えると強調された広告などを見て連絡をしたところ、高額な契約をすれば副業や投資などで儲けることができるノウハウを教えると勧誘された。だが、実際は説明と異なり儲からない」などが典型で、SNSや求人サイトなどが勧誘の入り口になる例が多い。副業や投資のほかに「競馬予想ソフト」などギャンブルに関する例も依然多い。

国民生活センターは「簡単に高額収入を得らることを強調する広告・宣伝が目立つ」「次々に契約を迫る強引勧誘が多い」「クレジット契約や借金をしてまで高額な契約をさせている」「広告や説明とは異なり儲かることはない」などの問題点を指摘。「怪しいと思ったら連絡しない」「話が違うと思ったらきっぱりと契約を断る」などの注意点を挙げている。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. カキ
    食品安全委員会の専門調査会は10月19日、ノロウイルスに関するリスクプロファイルの最終案を取りまとめ...
  2. ジャパネットたかた
    通販大手の「ジャパネットたかた」(長崎県佐世保市)が会員カタログや新聞折り込みチラシなどで不当な二重...
  3. 米連邦取引委員会
    詐欺の支払い手段として電子ギフトカードが悪用されるケースが増えているのは、各国共通のようだ。 ...
  4. 食品ロス対策で意見交換
    料理専門家として各省庁の食育関連検討会の委員などを務める服部学園理事長・服部幸應さんが10月17日、...
  5. クエスト社名公表
    「スマホをタップするだけでお金が稼げる」と謳う事業者に対する苦情相談が今年4月以降9月末までに全国の...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る