<米国>回収中のシリアルいまだ販売 リコール制度の限界露呈

  • 2018/9/7
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

サルモネラ菌による食中毒の発生を受け、ケロッグが6月から回収を進めるシリアル食品「ハニー・スマック」がリコール着手から2カ月後も一部の小売店で販売されていることが、FDA(米食品医薬品局)の調査でわかった。リコールが実施された食品を販売することは違法だが、FDAには販売を強制的に止めさせる権限がなく、その間、食中毒が拡大する事態に。消費者保護団体U.S.PIRGは「食中毒の拡大は防げたはずだ。FDAが阻止できないのならリコール制度を改革する必要がある」と指摘した。

FDAは5月に複数の州でサルモネラ菌が原因とみられる食中毒の発生を把握。患者への聞き取りなどから発生源をケロッグの「ハニー・スマックス」と特定し、協議の結果、同社は6月14日、自主回収に着手した。しかし、FDAによる7月の調査では、食料品店や小売店舗の一部が問題のシリアルの販売を続けていることが判明。これまでに患者数は6月14日時点の31州73人(うち24人が入院)から、8月31日時点の36州130人(うち34人が入院)へと拡大していた。

こうした事態を受け、U.S.PIRGは9月6日、「食中毒を引き起こすリコール中の食品がいまだに購入可能な状況は到底受け入れられない」とする声明を発表。FDAに対し、把握している小売店名を公表するよう要求したほか、「FDAが販売の事実を知りながらその脅威を取り除くことができないのは制度上の欠陥だ」として、リコール制度の改革を訴えた。

同団体は「最新の通信システムと情報技術を駆使すれば、店舗の在庫状況の把握や消費者への通知などは可能だ」としている。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 東京都廃棄物審議会プラスチック部会
    世界がプラスチックごみ対策に動き出す中、東京都は使い捨てプラスチックの削減に向けた具体的な検討を開始...
  2. 都地消連の情報展
    東京都地域消費者団体連絡会(都地消連)は9月19日と20日の両日、都消費生活総合センターで毎年恒例の...
  3. ウォッチねっと
    全国消費者行政ウォッチねっと(事務局長・拝師徳彦弁護士)は9月19日、主婦会館・プラザエフで9周年記...
  4. 東京都庁
    東京都は9月18日、「簡単に高収入を得られる」などとうたう情報商材の販売に注意するよう呼びかけた。広...
  5. 国民生活センター
    国民生活センターはホームページ上に設置している「消費者トラブルメール箱」に昨年度は1万件を越す苦情情...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る