高齢者被害どう防ぐ? 見守りの強化呼びかけ 消費者庁

  • 2018/9/13
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

消費者庁は9月12日、高齢者の転倒・転落事故が増加していることを重視し、高齢者などに対する見守り活動の強化を周囲の人や関係機関・団体に求めた。国民生活センターは9月13日と14日の両日、「60歳以上の消費者トラブル110番」を開設、被害防止と救済を目指した相談受付を実施する。

消費者庁、高齢者被害防止呼びかけ

高齢者の転倒・転落事故防止へ見守り活動の強化を呼びかける消費者庁(12日、消費者庁にて)

消費者庁によると、転倒・転落による高齢者事故が増加、年齢が上がるほどに事故が増え、危害の程度も重くなりやすい傾向にある、と説明している。特に75歳以上の後期高齢者では死亡リスクも高くなり、事故防止への見守り体制の整備が必要となっている。

同庁は9月12日、厚労省の「人口動態調査」、東京消防庁の「救急搬送データ」などの高齢者事故実態を踏まえ、次の3点をあげて高齢者の転倒・転落事故の防止対策を提案した。

(1)高齢者の生活環境を確認する(段差や危険個所の減少)

(2)高齢者の身体の状態を確認する(身体機能の減退、特定の疾患の有無、薬の副作用による転倒の可能性など)

(3)事故時の対処方法を確認する(事故発生時の応急措置や対処方法の確認)

家庭内のほかに外出時での事故も警戒されることから、買物時の店舗内事故への注意点もあげている。これら転倒・転落事故を防止するためチェック項目をまとめたイラストも提示している。

一方、国民生活センターは9月13日と14日の両日、「60歳以上の消費者トラブル110番」を開設する。訪問販売被害、投資被害、通販被害など、幅広く苦情相談を受け付ける。「敬老の日」に関連した取組としている。同「110番」の電話番号は、03(5793)4110。両日とも10時から16時まで受け付ける。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は11月3日、消費者調査の結果、国内で最悪のホテルチェーンに「ブリタニア...
  2. 消費者庁
    OECD(経済協力開発機構)が11月12日から16日までを「製品安全週間」と位置づけ、「オンライン上...
  3. アルミ缶一般回収協力者表彰式
    アルミ缶リサイクル協会(富永泰夫理事長)は11月13日、東京・千代田区の如水会館で、2018年度アル...
  4. 全国ジャパンライフ被害弁護団連絡会
    違法なマルチ商法や預託商法を展開し破綻したジャパンライフ。今年3月に破産手続の開始が東京地裁で決定さ...
  5. 宮腰大臣あいさつ
    消費者庁などが主催した「食品に関するリスクコミュニケーション」が11月12日、東京四谷の主婦会館「プ...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る