【米国】ピーナツ見直す動き 「健康的で財布にも優しい」🔓

  • 2018/9/14
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

たっぷりの脂肪とカロリーを含むピーナツ(落花生)だが、健康や栄養など様々な視点から見直す動きが広がっているようだ。米消費者情報誌コンシューマー・リポートは9月13日、「大きな健康上の利点があることが明らかになってきた」などとして週に数回程度、適量の摂取を推奨した。

同誌によると、ピーナツはそのまま食べたり、サラダにトッピングしたり、ペースト状にしたりと様々な形で食されており、一般的なスナック(軽食)として定着。市場調査会社Mintelによる成人2千人を対象とした最新調査では、過去3か月以内にピーナツを食べたと回答した人は64%に上り、アーモンド、カシュー、ピスタチオ、トレイルミックス(ナッツ、ドライフルーツ、チョコレートなどを混ぜたスナック)を食べた人の割合を上回っていたという。

これまでピーナツは、高カロリー・高脂肪にスポットが当たるあまり、栄養士でさえ「たまに食べる程度」に抑えるようアドバイスしていたほど。しかし、ハーバードTHチャーン公衆衛生学校のヴァンサン・マリク博士は「こうした考えは誤っており、ピーナツは実に健康的。脂肪の大部分は一価不飽和脂肪と多価不飽和脂肪で、悪玉(LDL)コレルテロールを下げるのに役立つ」と説明。たんぱく質が豊富な上、抗酸化物質、鉄…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. ACAP島谷克史理事長
    企業の消費者対応部署の担当者などで構成するACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、島谷克史理事長...
  2. ビール
    食品政策を監視する非営利団体「公益科学センター(CSPI)」は1月11日、ビールなどのアルコール飲料...
  3. 英国の消費者団体Which?
    米ネバダ州ラスベガスで始まった家電見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」で、英...
  4. 消費者庁
    消費者庁は1月16日、毎年5月に実施する消費者月間の統一テーマを発表した。昨年と同様のテーマに年度の...
  5. 東京都庁
    東京都がまとめた今年度上半期の「60歳以上の高齢者」相談は2万7466件で、前年同期比48.1%の増...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る