【豪州】依然続くボタン電池の誤飲事故 安全規制に抜け穴

  • 2018/10/4
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

子どものボタン電池の誤飲事故が相次いでいるのは安全対策に抜け穴があるためだとして、豪州の消費者団体CHOICE(チョイス)が規制強化を求めている。

同国では9月初旬、2歳の女児がボタン電池で重傷を負う事故が発生。母親が妊娠中に使っていたグルコース計のボタン電池を女児が飲み込んでしまい、食道に重いやけどを負って現在も治療中だという。誤飲事故は全国で相次いでいて、政府機関の推計によると、過去には2人が死亡、現在も週平均20人の子どもが救急搬送されている。

ボタン電池の安全対策としては、ACCC(オーストラリア競争・消費者委員会)が2016年7月、ボタン電池を使用する製品に向けた指針を発表。警告ラベルの表示、電池カバーのロック化、販売時の情報提供などの安全対策が盛り込まれたが、残念ながら強制力がなく、指針を順守する企業は少ないという。また、36カ月未満の乳幼児用おもちゃには厳しい法規制が行われているが、それ以外のおもちゃや家庭用製品は対象外。年上の兄弟が使っているおもちゃで事故に遭うケースも多く、わざわざ「これはおもちゃではない」というラベルを貼って規制逃れをする製品も登場している。

小児救急医で、子どもの事故監視団体にも携わるルース・バーカー医師は「製品の設計を工夫さえすれば未然に防げる事故があまりにも多すぎる」とし、流通する製品の安全性を法律が保障する制度が必要だと主張。チョイス幹部のサラ・アガール氏も「オーストラリア消費者法は特定の消費者を強力に保護するが、販売される製品について安全性を求めるという要件がなく、抜け穴となっている。ボタン電池事故はそれを最もよく示す事例だ」と指摘している。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 国民生活センター
    天皇陛下の退位に便乗した商法によるトラブルが報告されたとして、国民生活センターが注意を呼びかけている...
  2. 全日本トラック協会Gマーク制度
    全日本トラック協会(東京都新宿区)は12月13日、交通安全対策に関する基準をクリアしたとして、201...
  3. コンシューマーリポート
    車の老朽化とともに黄ばみが目立ってくるヘッドライト。放置していると新車購入時と比較して照度が8割程度...
  4. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会は12月6日、子どもの貧困の支援に取り組む生協が54生協に増加したと発表した。...
  5. インターネット詐欺
    埼玉県は上半期の消費生活相談概要をまとめ、前年同期比17.6%増の2万8867件を受け付けたと発表し...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る