【豪州】依然続くボタン電池の誤飲事故 安全規制に抜け穴

  • 2018/10/4
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

子どものボタン電池の誤飲事故が相次いでいるのは安全対策に抜け穴があるためだとして、豪州の消費者団体CHOICE(チョイス)が規制強化を求めている。

同国では9月初旬、2歳の女児がボタン電池で重傷を負う事故が発生。母親が妊娠中に使っていたグルコース計のボタン電池を女児が飲み込んでしまい、食道に重いやけどを負って現在も治療中だという。誤飲事故は全国で相次いでいて、政府機関の推計によると、過去には2人が死亡、現在も週平均20人の子どもが救急搬送されている。

ボタン電池の安全対策としては、ACCC(オーストラリア競争・消費者委員会)が2016年7月、ボタン電池を使用する製品に向けた指針を発表。警告ラベルの表示、電池カバーのロック化、販売時の情報提供などの安全対策が盛り込まれたが、残念ながら強制力がなく、指針を順守する企業は少ないという。また、36カ月未満の乳幼児用おもちゃには厳しい法規制が行われているが、それ以外のおもちゃや家庭用製品は対象外。年上の兄弟が使っているおもちゃで事故に遭うケースも多く、わざわざ「これはおもちゃではない」というラベルを貼って規制逃れをする製品も登場している。

小児救急医で、子どもの事故監視団体にも携わるルース・バーカー医師は「製品の設計を工夫さえすれば未然に防げる事故があまりにも多すぎる」とし、流通する製品の安全性を法律が保障する制度が必要だと主張。チョイス幹部のサラ・アガール氏も「オーストラリア消費者法は特定の消費者を強力に保護するが、販売される製品について安全性を求めるという要件がなく、抜け穴となっている。ボタン電池事故はそれを最もよく示す事例だ」と指摘している。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. カキ
    食品安全委員会の専門調査会は10月19日、ノロウイルスに関するリスクプロファイルの最終案を取りまとめ...
  2. ジャパネットたかた
    通販大手の「ジャパネットたかた」(長崎県佐世保市)が会員カタログや新聞折り込みチラシなどで不当な二重...
  3. 米連邦取引委員会
    詐欺の支払い手段として電子ギフトカードが悪用されるケースが増えているのは、各国共通のようだ。 ...
  4. 食品ロス対策で意見交換
    料理専門家として各省庁の食育関連検討会の委員などを務める服部学園理事長・服部幸應さんが10月17日、...
  5. クエスト社名公表
    「スマホをタップするだけでお金が稼げる」と謳う事業者に対する苦情相談が今年4月以降9月末までに全国の...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る