「イヤヤン」遂に登場 消費者ホットライン周知へ

  • 2018/10/5
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

困っている消費者を見かけると、チョウのように近寄り、その耳元で消費者ホットライン「188」を教えてくれる「イヤヤン」が10月4日、消費者庁の記者会見場に登場した。すでに7月に誕生が報告されていたが、実際のお披露目は初めて。オフィシャルの活動は消費者庁も参加する10月の京都国際映画祭が最初となりそう。

イヤヤン

消費者庁のゆるキャラ「イヤヤン」をお披露目する岡村和美長官。全国を舞う姿が見られる日も近い(4日、消費者庁にて)

消費者問題の分野では、子どもを事故から守ってくれる「アブナイカモ一家」が各地で活動している。その一家に協力し、消費者ホットライン188の重要性を伝えるイヤヤンが活動に加わった。

消費者庁・岡村和美長官は10月4日の記者会見でイヤヤンを紹介し、消費者庁が参加する10月の京都国際映画祭に、イヤヤンも出席してくれる可能性を表明した。同映画祭で消費者庁は消費者ホットラインの重要性やエシカル消費の推進などをアピールするという。

イヤヤンは困っている消費者がいればいち早く近寄り、その耳元で消費者ホットラインの番号「188」を教えてくれる。岡村長官は、消費者の味方として、どんな環境下でも、どこにでも現れて、トラブル解決まで寄り添ってくれる存在がイヤヤン、と紹介している。

イヤヤンの実態は、「泣き寝入りが超イヤヤ」という口癖のチョウ。消費者庁職員に尋ねても性別・年齢は明らかにしていない。悪質商法に立ち向かうことに不惑の意志を持ち、いつも全国をチョウのように羽ばたいて旅をしている。危険な製品でけがをした人や強引な勧誘にあって困っている消費者を見かけると、すぐに近寄り消費者ホットライン188を教えてくれる。

(10月5日15:23修正 *「10月の京都国際映画祭」に訂正しお詫びいたします)

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. カキ
    食品安全委員会の専門調査会は10月19日、ノロウイルスに関するリスクプロファイルの最終案を取りまとめ...
  2. ジャパネットたかた
    通販大手の「ジャパネットたかた」(長崎県佐世保市)が会員カタログや新聞折り込みチラシなどで不当な二重...
  3. 米連邦取引委員会
    詐欺の支払い手段として電子ギフトカードが悪用されるケースが増えているのは、各国共通のようだ。 ...
  4. 食品ロス対策で意見交換
    料理専門家として各省庁の食育関連検討会の委員などを務める服部学園理事長・服部幸應さんが10月17日、...
  5. クエスト社名公表
    「スマホをタップするだけでお金が稼げる」と謳う事業者に対する苦情相談が今年4月以降9月末までに全国の...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る