<ジョンソン>油汚れに強いキッチンクリーナー発売

  • 2018/10/10
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

~ダブルの洗浄成分で強力除去 やさしい香り実現~

住居用洗剤大手のジョンソン(横浜市、鷲津雅広社長)は9月20日、クリーナーブランド「スクラビングバブル」より、キッチンのベトベト油汚れを99.9%落とす「スクラビングバブル 油汚れに強いキッチンクリーナー」を新発売した。油汚れの除去を重視する消費者ニーズに対応した。

ジョンソン「スクラビングバブル 油汚れに強いキッチンクリーナー」

クリーナーブランド「スクラビングバブル」より新登場。(写真右)詰め替え用も用意している

「スクラビングバブル」シリーズは“ボクたち働く、あなたラクする!”でおなじみのクリーナブランド。ジョンソンは今回、同シリーズに「油汚れに強いキッチンクリーナー」を新たに追加。キッチン掃除をラクにする商品として消費者に訴求していく。

ジョンソンが行った消費者調査によると、「キッチンの手入れをする上で最も重要視すること」として「油汚れの除去」が最上位になった。一方で「油汚れ除去力が高いキッチンクリーナーの不満点」として「刺激が強い(香り・手肌)」「キツイ香り」などの回答が多かった。

新発売する「油汚れに強いキッチンクリーナー」は、こうした消費者ニーズに応えた製品。ダブルの洗浄成分で99.9%油汚れを落とし(米国ASTMテスト準拠)、さらに99.9%除菌を実現。また、洗浄機能を持つ溶剤を使用していないので、強力なのにやさしい香りを実現した。気になる揚げ物料理の後のしつこい油汚れもこれ1本でしっかり、スッキリ落とせる。本体とともに詰め替え用も用意した。

内容量は本体が400ミリリットル、詰め替え用が350ミリリットル。どちらもオープン価格。九全国のスーパー、ドラッグストア、ホームセンター、オンラインショップなどで購入できる。

(本紙「ニッポン消費者新聞」10月1日号より転載)

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 米連邦取引委員会
    米連邦取引委員会(FTC)は2月20日、コンシューマーブログを更新し、これまでに作成した啓発動画の活...
  2. 悪質クレーム対策推進法案
    国民民主党は2月20日、「消費者対応業務関連特定行為対策の推進に関する法律案」(悪質クレーム対策推進...
  3. キユーピー地元マヨ
    今年創業100周年を迎えるキユーピーは2月19日、新しいマヨネーズタイプの調味料をエリア・数量限定で...
  4. アメリカ消費者連合
    メリーランド州最大都市ボルチモアの葬儀場がインターネット上に料金表示を始めたことを受け、アメリカ消費...
  5. ロボット掃除機で火災
    ロボット掃除機に押されて動いた電気ストーブが可燃物に接触し、火災となる事例が2件発生したことが、東京...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る