払う必要ある?「不当・架空請求110番」開催へ NACS

  • 2018/10/10
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)は11月3日(土)と4日(日)の両日、「これって払わなくてはいけないの?~不当請求・架空請求なんでも110番~」を実施する。東京と大阪の相談室で全国からの相談を受け付ける。

不当請求・架空請求をめぐっては電子メールやハガキをはじめ、次々と新しい手口が横行、被害も続発している。NACSは受け付けた相談事例をもとに改善措置を提言する。電話番号は当日のみ。東京相談室03・3400・1103、大阪相談室06・4790・8110。東京ではFAX(03・6434・1161)でも受け付ける。

NACSの「なんでも110番」は毎年この時期に開催され、事例をもとに法制度改正などが提起されてきた。今回は「不当請求・架空請求」をテーマに幅広く相談を受け付ける。

NACSによると、不当・架空請求をめぐる苦情相談はNACSが週末に開設している「ウイークエンドテレホン」でも増加しているという。「スマホのワンクリック請求」「フィッシングメールに絡む請求」「覚えのない原野への管理費請求」「水道・鍵の修理に関する不当高額請求」などをはじめ、女性・高齢者へのSMSやハガキを使った架空請求詐欺など被害は拡大、数千万円も支払った深刻例もあるという。

NACSでは当日、寄せられた相談事例に対応するとともに、事例を精査し、消費者保護規制の不備なども検討、関係機関に改善措置を盛り込んだ提言を出すことも予定している。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. カキ
    食品安全委員会の専門調査会は10月19日、ノロウイルスに関するリスクプロファイルの最終案を取りまとめ...
  2. ジャパネットたかた
    通販大手の「ジャパネットたかた」(長崎県佐世保市)が会員カタログや新聞折り込みチラシなどで不当な二重...
  3. 米連邦取引委員会
    詐欺の支払い手段として電子ギフトカードが悪用されるケースが増えているのは、各国共通のようだ。 ...
  4. 食品ロス対策で意見交換
    料理専門家として各省庁の食育関連検討会の委員などを務める服部学園理事長・服部幸應さんが10月17日、...
  5. クエスト社名公表
    「スマホをタップするだけでお金が稼げる」と謳う事業者に対する苦情相談が今年4月以降9月末までに全国の...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る