払う必要ある?「不当・架空請求110番」開催へ NACS

  • 2018/10/10
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)は11月3日(土)と4日(日)の両日、「これって払わなくてはいけないの?~不当請求・架空請求なんでも110番~」を実施する。東京と大阪の相談室で全国からの相談を受け付ける。

不当請求・架空請求をめぐっては電子メールやハガキをはじめ、次々と新しい手口が横行、被害も続発している。NACSは受け付けた相談事例をもとに改善措置を提言する。電話番号は当日のみ。東京相談室03・3400・1103、大阪相談室06・4790・8110。東京ではFAX(03・6434・1161)でも受け付ける。

NACSの「なんでも110番」は毎年この時期に開催され、事例をもとに法制度改正などが提起されてきた。今回は「不当請求・架空請求」をテーマに幅広く相談を受け付ける。

NACSによると、不当・架空請求をめぐる苦情相談はNACSが週末に開設している「ウイークエンドテレホン」でも増加しているという。「スマホのワンクリック請求」「フィッシングメールに絡む請求」「覚えのない原野への管理費請求」「水道・鍵の修理に関する不当高額請求」などをはじめ、女性・高齢者へのSMSやハガキを使った架空請求詐欺など被害は拡大、数千万円も支払った深刻例もあるという。

NACSでは当日、寄せられた相談事例に対応するとともに、事例を精査し、消費者保護規制の不備なども検討、関係機関に改善措置を盛り込んだ提言を出すことも予定している。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 米連邦取引委員会
    米連邦取引委員会(FTC)は2月20日、コンシューマーブログを更新し、これまでに作成した啓発動画の活...
  2. 悪質クレーム対策推進法案
    国民民主党は2月20日、「消費者対応業務関連特定行為対策の推進に関する法律案」(悪質クレーム対策推進...
  3. キユーピー地元マヨ
    今年創業100周年を迎えるキユーピーは2月19日、新しいマヨネーズタイプの調味料をエリア・数量限定で...
  4. アメリカ消費者連合
    メリーランド州最大都市ボルチモアの葬儀場がインターネット上に料金表示を始めたことを受け、アメリカ消費...
  5. ロボット掃除機で火災
    ロボット掃除機に押されて動いた電気ストーブが可燃物に接触し、火災となる事例が2件発生したことが、東京...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る