ペットボトルリサイクル率84.8% 中国禁輸の影響注視へ🔓 

  • 2018/12/7
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

PETボトルリサイクル推進協議会(森泰治会長)は11月21日、年次報告書を発刊し、2017年度のリサイクル率が84.8%だったと発表した。目標の「85%以上の維持」には若干及ばなかったものの前年度比0.9ポイントの増加。リサイクルへの影響が懸念されている中国禁輸については「リサイクル量は海外で減少したが、その分国内で増加した」とし、今後の動向を注視していく考えを示した。

PETボトルリサイクル推進協議会

挨拶する森泰治会長(右から2人目)。環境の変化に対応していくと語った

リサイクル量の内訳は国内が29万8千トン、海外が20万1000トン。前年度比で海外が2万トン減ったのに対し、国内が1万9千トン増えた。中国が1月、生活由来廃プラスチックの輸入禁止措置を開始し…(以下続く)

(本紙「ニッポン消費者新聞」12月1日号より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 米連邦取引委員会
    米連邦取引委員会(FTC)は2月20日、コンシューマーブログを更新し、これまでに作成した啓発動画の活...
  2. 悪質クレーム対策推進法案
    国民民主党は2月20日、「消費者対応業務関連特定行為対策の推進に関する法律案」(悪質クレーム対策推進...
  3. キユーピー地元マヨ
    今年創業100周年を迎えるキユーピーは2月19日、新しいマヨネーズタイプの調味料をエリア・数量限定で...
  4. アメリカ消費者連合
    メリーランド州最大都市ボルチモアの葬儀場がインターネット上に料金表示を始めたことを受け、アメリカ消費...
  5. ロボット掃除機で火災
    ロボット掃除機に押されて動いた電気ストーブが可燃物に接触し、火災となる事例が2件発生したことが、東京...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る