生協の「子どもの貧困」支援拡大 子ども食堂は30生協に

  • 2018/12/13
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

日本生活協同組合連合会は12月6日、子どもの貧困の支援に取り組む生協が54生協に増加したと発表した。15年度は26生協、16年度は40生協だった。

子どもの貧困を地域の問題として捉え、具体的な取り組みに乗り出す生協が増えていて、日本生協連は2016年度から各生協への聞き取りを実施し、活動状況を取りまとめている。

17年度は54生協が支援に取り組んでいると回答した。具体的な取り組み内容は「フードバンク・フードドライブ」が44生協、「子ども食堂」が30生協で201カ所、「学習支援」が14生協。前年度は順に35生協、26生協、13生協で、いずれの取り組みも増加していた。

フードバンクでは他団体と連携する事例が多く、食材や場所を提供する事例も目立った。子ども食堂では運営ネットワークに参加したり、組合員や役職員が運営に携わったりする取り組みがみられ、食材の提供を通じて運営に協力する事例が多かった。学習支援では食材や場所の提供のほか学習会の開催、奨学金の支給、基金の設立、市民団体への助成を行う生協もあった。

日本生協連は取り組み事例の共有化を進めるとともに、全国生協とともに子育て支援活動に引き続き取り組むとしている。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 香港消費者委員会
    大型連休となる春節(中国の旧正月)を控え、消費者団体の香港消費者委員会は1月15日、海外旅行を計画す...
  2. タイヤパンク応急修理キット
    国民生活センターは1月17日、自動車のパンクに際して応急修理ができる「パンク修理キット」について、同...
  3. 原田禎夫大商大准教授
    大阪商業大学公共学部准教授で、プラスチックごみ問題に取り組むNPO法人の代表理事も務める原田禎夫さん...
  4. ACAP島谷克史理事長
    企業の消費者対応部署の担当者などで構成するACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、島谷克史理事長...
  5. ビール
    食品政策を監視する非営利団体「公益科学センター(CSPI)」は1月11日、ビールなどのアルコール飲料...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る