【英国】家電ショー、消費者団体は「洗濯物折り畳み機」に注目

  • 2019/1/16
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

米ネバダ州ラスベガスで始まった家電見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」で、英国消費者団体Which?は1月14日、FoldiMate社の「洗濯物自動折り畳み機」について報告した。洗濯物を折り畳む手間から永遠に開放される機器だが、果たしてその価値があるのかレポートした。

販売価格は980ドル(約10万円強)。挿入口のクリップに洗濯物をはさめば機械の中に送り込まれ、折りたたまれた状態で下部のトレイに出てくる仕組み。子供用から大人のXXLサイズまで、ほとんどのシャツやブラウス、ズボン、タオル、枕カバーに対応。トレイは10~15枚程度でいっぱいになるが、それを取り除けば無制限に折り畳みが可能だという。

ただし、今年の年末に米国市場で出回る予定で、これまでのところ英国内で販売を計画する量販店が現れていない。FoldiMate社は需要があれば世界各国で販売する意向だという。

気になるのはサイズ。高さが125センチもあり冷蔵庫並みの大きさ。Which?は記事の最後にアンケート欄を設置。「この機械を買いたいか」と問いかけ、「はい!注文したい」「いいえ!高すぎる」「いいえ!服を畳むことを面倒とは思わない」の三択の回答を設けた。同団体は「もしほしければ、今からどこに置くかを計画しておいてほしい」とアドバイスしている。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 米連邦取引委員会
    米連邦取引委員会(FTC)は2月20日、コンシューマーブログを更新し、これまでに作成した啓発動画の活...
  2. 悪質クレーム対策推進法案
    国民民主党は2月20日、「消費者対応業務関連特定行為対策の推進に関する法律案」(悪質クレーム対策推進...
  3. キユーピー地元マヨ
    今年創業100周年を迎えるキユーピーは2月19日、新しいマヨネーズタイプの調味料をエリア・数量限定で...
  4. アメリカ消費者連合
    メリーランド州最大都市ボルチモアの葬儀場がインターネット上に料金表示を始めたことを受け、アメリカ消費...
  5. ロボット掃除機で火災
    ロボット掃除機に押されて動いた電気ストーブが可燃物に接触し、火災となる事例が2件発生したことが、東京...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る