リチウム電池事故2.5倍に 約2割がリコール後に発生🔓

  • 2019/1/24
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

携帯型充電器やスマートフォンなどに搭載されるリチウムイオンバッテリーの発火事故が5年で2.5倍に増加していることが、NITE(製品評価技術基盤機構)の調べでわかった。リコール実施中の製品による事故も目立ち、全体の19%を占めていた。NITEは「リコール情報を把握していれば防げた事故も多い。まずは回収や交換などの情報を確認してほしい」と注意を呼びかけた。

NITEによると、2018年3月までの5年間に582件の事故が報告された。13年度は70件だったが、17年度は2.5倍の175件に急増。402件(69%)で火災が発生しており、1人が死亡(原因は不明)、49人が重軽傷を負っていた。

モバイルバッテリー発火

リチウム電池搭載製品で最も事故の多いモバイルバッテリー。炎と煙が激しく噴き出した(NITE再現実験より)

事故原因の7割(368件)が製品の不具合によるもの。事業者がリコールを実施したものが209件あり、そのうち110件(19%)がリコール開始後に発生していた。NITE製品安全センターの吉津兼人参事官は「リコール情報を把握していれば事故を防げた可能性がある。まずは、こうした事故を減らす取り組みを進めていくことが重要だ」と語った。

リチウムイオンバッテリーは小型・軽量で大容量、繰り返しの使用が可能な上、保管時の容量低下が少ないなどのメリットがあり、様々な製品に搭載されている。しかし、製造上の不具合のほか外部からの衝撃でへこむなどすると、内部ショートが起きて発煙・発火し激しく破裂するおそれがある。電車や機内、学校、病院といった公共機関での事故も起きていて…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 米連邦取引委員会
    米連邦取引委員会(FTC)は2月20日、コンシューマーブログを更新し、これまでに作成した啓発動画の活...
  2. 悪質クレーム対策推進法案
    国民民主党は2月20日、「消費者対応業務関連特定行為対策の推進に関する法律案」(悪質クレーム対策推進...
  3. キユーピー地元マヨ
    今年創業100周年を迎えるキユーピーは2月19日、新しいマヨネーズタイプの調味料をエリア・数量限定で...
  4. アメリカ消費者連合
    メリーランド州最大都市ボルチモアの葬儀場がインターネット上に料金表示を始めたことを受け、アメリカ消費...
  5. ロボット掃除機で火災
    ロボット掃除機に押されて動いた電気ストーブが可燃物に接触し、火災となる事例が2件発生したことが、東京...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る