カツオによるアニサキス食中毒 厚労省「原因を確認中」🔓

  • 2019/3/13
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

厚生労働省の食中毒部会(会長・五十君靜信東京農業大学応用生物科学部教授)が3月13日、開催され、2018年食中毒発生状況が報告された。アニサキス食中毒の報告件数は468件(17年は230件)と倍増し、昨年の春にカツオの刺身による事例が急増したことが示された。病因物質別でもアニサキスがカンピロバクターを上回り、初めて第1位となった。ただ、カツオの事例が急増した理由については示されず、「確認を進めている」(厚労省)との説明にとどまった。

厚労省食中毒部会

2018年食中毒発生状況が報告された厚労省食中毒部会(13日、TKP新橋カンファレンスセンターにて)

報告後の質疑応答の中で、尾島俊之委員(浜松医科大学健康社会医学講座教授)は「アニサキス食中毒、特にカツオの事例が急増したのは、届け出制度の周知が進み医師からの報告数が増えたためなのか」などと質問。

これに対し、道野英司・食品監視安全課長は「医療機関からの報告数が増えたというだけでは説明がつかない。これまでカツオはサバやイワシ、サンマの少し後ろの順位に位置し、原因食品としても頻繁には出てこなかった。また、カツオを開いても、頻繁にアニサキスが出てくるわけではなかった…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 全国消費者大会
    全国の消費者35団体が実行委員会を結成し3月15日、都内で全国消費者大会を開催した。今年で57回目。...
  2. which
    ユニークな生活家電を世に送り出し、各国のテレビショッピング業界では知られた存在となっている英国JML...
  3. 景表法違反を指摘されたベビーマジック持ち帰り箱
    「国産小麦をたっぷり使用」などと不当な広告表示をしたとして、大阪府は3月13日、焦がしシュークリーム...
  4. U.S. PIRG
    米非営利団体U.S.PIRGは3月14日、大学生を飢餓から救う「キャンパス・ハンガー撲滅法案」を超党...
  5. 国民生活センター3輪自転車
    後ろに2輪が付いている構造の3輪自転車は、通常の2輪自転車よりも安定性があって高齢者には走行しやすい...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る