みそ汁・スープに注意、0~5歳児のやけど117件 東京都

  • 2018/1/9
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熱いみそ汁やスープをひっくり返すなどして0~5歳児がやけどを負う事故が相次いでいるとして、東京都が注意を呼びかけている。乳児の場合、身体の表面積の10%以上のやけどで生命が危険な状況になるとされている。みそ汁一杯でも広範囲なやけどに至る恐れがあるため、都は「子どもの手の届くところに熱いものは絶対に置かないでほしい」と呼びかけている。

東京消防庁によると、2016年にみそ汁・スープによるやけどで救急搬送された0~5歳児は計117人に上り、子どものやけどの原因のトップとなっていた。また、乳児型人形を用いて、みそ汁一杯に相当する150ミリリットルのお湯(約90℃)を胸部にかける実験を行ったところ、10秒経過後も、首の下から脚部まで服を着ている部分の広い範囲で高温になることがわかった。

テーブルの上に置かれた熱い飲食物が入った容器を子どもが引き寄せ、内容物を浴びてやけどを負うケースが目立つという。

(本紙「ニッポン消費者新聞」1月1日新年特集号からの転載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup!記事

  1. コンシューマー
    アメリカ消費者連合(CFA)は6月20日、設立50周年を祝う式典を開催したと発表した。傘下会員275…
  2. 消費者委員会
    消費者問題解決への手法としてIoTやAI(人工知能)を活用する検討が取り組まれている。消費者委員会は…
  3. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会は、コープ(CO・OP)商品の商品力強化の取り組みの一環として、アレルギー対応…
  4. 講演する印鑰智哉さん
    4月の種子法廃止が食生活にどう影響してくるのかを考える学習会が6月20日、東京都消費生活総合センター…
  5. 消費者庁徳島オフィス
    昨年7月に徳島県庁に開設された消費者庁「消費者行政新未来創造オフォス」の開設1周年記念シンポジウムが…

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー…
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る