17番目の適格団体 消費者支援群馬ひまわりの会🔓

  • 2018/2/7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北関東では初、全国では17番目にあたる適格消費者団体が2月5日、内閣総理大臣の認定を受けた。「消費者支援群馬ひまわりの会」(湯木智子代表)で、消費者担当・江崎鐵磨大臣が認定書を手渡した。江崎大臣は今後の活動に期待すると述べ、ひまわりの会からは消費者被害の防止と拡大防止の運動を積極的に担いたい、と抱負が語られた。

消費者群馬ひまわりの会認定

認定式にのぞむ消費者支援群馬ひまわりの会

ひまわりの会は1982年にクレジット・サラ金被害者救援を目的に発足。2008年NPO法人となり、14年に名称を群馬ひまわりの会へと改め、適格消費者団体への認定を目指してきた。本部は群馬県桐生市に置いている。

認定式では、江崎消費者担当大臣が、「ひまわりの会は近隣の住民からの相談を受け入れ、アットホームな活動を展開していると聞いている。適格消費者団体の認定を受けたことを契機にさらに消費者被害の未然・拡大防止の活動を展開されることを期待している」と述べた。

ひまわりの会からは弁護士の斎藤匠副理事長が…(以下続く)

・この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup!記事

  1. 国際消費者機構(CI)
    アマゾンやアリババといった巨大ネット企業が食品スーパーの買収を進めている問題で、国際消費者機構(CI…
  2. 第58回全国消費者大会
    全国の消費者団体が一堂に集い、活動実績を共有する「全国消費者大会」が3月16日と17日の両日、東京・…
  3. 東京都食品安全情報評価委員会
    代表的な熟成肉として人気のある「ドライエイジングビーフ」の喫食部分から食中毒菌を検出したとして、東京…
  4. ixs処分を発表する消費者庁
    消費者庁は2月20日、学生を中心に「FGN」と称するビジネススクールの役務提供を連鎖販売取引で展開し…
  5. アルミ缶回収協力者表彰
    アルミ缶リサイクル協会(富永泰夫理事長)は2月16日、東京都内で2017年度アルミ缶回収協力者合同表…

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る