海苔の日に230人が列 山本海苔店「梅が香」特別販売

  • 2018/2/7
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

2月6日の「海苔の日」、東京・日本橋の山本海苔店日本橋本店には高級もみ海苔「梅が香」を買い求める約230人が長蛇の列を作った。昼の特別販売に用意した500人分が約20分で完売する盛況ぶり。開店前の朝9時過ぎから並ぶ人も現れたといい、同店は「特別販売には毎回大勢のリピーターの方にご来店いただいている。高級海苔をたっぷり詰めた商品で、お得感が人気を呼んでいる」と語った。次回の特別販売は6月1日を予定している。

山本海苔店「海苔の日」特別販売

大行列となった「梅が香」特別販売。通行人が足を止めて写真を撮る姿もみられた

「梅が香」は、進物用の高級海苔を作る際に切り落とされた部分を缶に詰めたもみ海苔。1缶40グラム入りで、2缶包み1000円。年3回の特別販売の日にしか購入できない限定商品とあって、馴染み客や近隣OLが来店し、毎回大行列ができるという。

昼の部には、12時30分の販売開始前に230人を超す人が本店を囲むように並んだ。多摩市から来た女性は「三越に買い物に来たときにはよく本店で海苔を買っている。お買い得なので特別販売にもよく来る」と話した。また、昼休みを利用して来店した近隣会社員の女性は「本店を利用したことがあるが、特別販売のことをフェイスブックで知り、初めて並んだ。すごい行列で驚いた」と語った。昼の部と夜の部(17時30分から先着300人)の両方を制したリピーターもいたという。

特別販売は海苔の消費促進を目的としたイベント。山本海苔店日本橋本店で、2月6日の海苔の日、中元シーズン前の6月の第1金曜日(今年は6月1日)、歳暮シーズン前の11月の第1金曜日(同11月2日)の年3回開催している。同店ホームページやフェイスブックで事前告知されるので要チェックだ。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. コンシューマーリポート
    クレジットカード発行会社が、会員に無料提供してきた特典の廃止・縮小を加速させている。シティーバンクは...
  2. 香港消費者委員会
    消費者問題に関する報道を表彰する第18回コンシューマー・ライツ・レポーティング・アワード(CRRA)...
  3. コンシューマーリポート
    「新車にスペアタイヤが付いてないことに気づいた! 私は騙されたの?」――。そんな消費者の質問に対する...
  4. 東京都庁
    東京都はこのほど昨年度のインターネット広告の監視事業結果を発表。2万4千件の広告を監視し、うち338...
  5. 電気ポットのパッキン
    お湯を沸かして保温する「電気ポット」に関連した子どものやけど事故が5年間に206件起きていることが8...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る