消費者行政のグランドデザイン検討へ 消費者委員会🔓

  • 2018/2/9
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者委員会(高巖委員長)は2月8日、消費者行政のあり方を検討し、今後のグランドデザインを提示することを目指して新たなワーキンググループを設置することを決めた。「消費者取引分野」を対象に検討するもので、「将来へ向けた消費者行政の基礎となる検討を進める」としている。15年前の内閣府国民生活審議会で話し合われた「21世紀型消費者行政の在り方検討会」報告書を審議の出発点に置く。

消費者委員会

8日に開かれた消費者委員会。WGを設置し、消費者取引分野の今後の方向性を検討していく

この検討は消費者委員会が2月8日に設置した「消費者法分野におけるルール形成の在り方等検討ワーキンググループ」で取り組まれる。取引分野を中心に、新旧施策の成果を前提に今後のあり方を提示する。設置されたのは、消費者委員会の委員5人で構成されるワーキンググループで、鹿野菜穂子委員が座長、池本誠司委員が座長代理を担う。

高巖消費者委員会委員長によると…(以下続く)

・この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup!記事

  1. 国際消費者機構(CI)
    アマゾンやアリババといった巨大ネット企業が食品スーパーの買収を進めている問題で、国際消費者機構(CI…
  2. 第58回全国消費者大会
    全国の消費者団体が一堂に集い、活動実績を共有する「全国消費者大会」が3月16日と17日の両日、東京・…
  3. 東京都食品安全情報評価委員会
    代表的な熟成肉として人気のある「ドライエイジングビーフ」の喫食部分から食中毒菌を検出したとして、東京…
  4. ixs処分を発表する消費者庁
    消費者庁は2月20日、学生を中心に「FGN」と称するビジネススクールの役務提供を連鎖販売取引で展開し…
  5. アルミ缶回収協力者表彰
    アルミ缶リサイクル協会(富永泰夫理事長)は2月16日、東京都内で2017年度アルミ缶回収協力者合同表…

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る