健康食品の相談1.5倍、大半が「お試し」=東京都11月分

  • 2018/2/14
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

東京都消費生活総合センターがまとめた昨年11月の消費生活相談受付状況によると、健康食品に関する相談件数が前月比で約1.5倍に増加していることがわかった。ほとんどが「お試し」や「1回限り」のつもりで購入したという事例だった。

同センターが11月に受け付けた健康食品の相談は100件。前月(67件)に比べて約1.5倍の増加となり、前年同月(63件)と比べても増えていた。健康食品を含めた全相談件数は2297件と、対前月比0.1%の増加、対前年同月比0.4%の減少だった。

相談のほとんどが「お試しや1回限りのつもりで購入申し込みをしたが定期購入だったので解約したい」という内容。なかには「解約のため事業者に電話をしているがつながらない」という事例も多く含まれていた。

お試しトラブルを巡っては、愛知県が昨年12月、依然として増加傾向が続いているとして注意喚起を実施。相談者の7割が女性で、SNSやインターネット通販を介した健康食品や化粧品の契約トラブルが目立っていた。申し込む前に定期購入になっていないか、表示をよく確認する必要があるという。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 香港消費者委員会
    大型連休となる春節(中国の旧正月)を控え、消費者団体の香港消費者委員会は1月15日、海外旅行を計画す...
  2. タイヤパンク応急修理キット
    国民生活センターは1月17日、自動車のパンクに際して応急修理ができる「パンク修理キット」について、同...
  3. 原田禎夫大商大准教授
    大阪商業大学公共学部准教授で、プラスチックごみ問題に取り組むNPO法人の代表理事も務める原田禎夫さん...
  4. ACAP島谷克史理事長
    企業の消費者対応部署の担当者などで構成するACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、島谷克史理事長...
  5. ビール
    食品政策を監視する非営利団体「公益科学センター(CSPI)」は1月11日、ビールなどのアルコール飲料...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る