巨大ネット企業のスーパー買収、肥満の増加を懸念

  • 2018/2/22
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

アマゾンやアリババといった巨大ネット企業が食品スーパーの買収を進めている問題で、国際消費者機構(CI)が消費者への影響を考察した。食品の低価格化や利便性の向上が進むと予測する一方で、個人情報の乱用や肥満の増加が懸念されると指摘した。

CIは買収劇の利点として、米国に2300万人以上いる「生鮮食品難民」(食品スーパーが近隣になく、生鮮食品にアクセスできない住民のこと)の問題を解決する可能性があると指摘。購買データをもとに健康的な食事を提供することが可能になるほか、短期的には食品価格が低下するとの見通しを示した。

一方で、両社の進出が地元スーパーを駆逐し、結局は消費者の選択肢をせばめる恐れがあると懸念。個人情報の乱用を心配する消費者も多いと強調した。また、「低価格で簡単に食品が購入できる仕組みが、健全な食生活につながるとは限らない」とし、利益を前提としたマーケティングが肥満の増加につながる可能性を指摘。「食品は地域、経済力、文化、年齢、性別に深く根差している。本や衣類、電気製品とは異なる取り扱いが必要なことを認識すべきだ」と釘を刺した。

(本紙「ニッポン消費者新聞」2月1日号より一部変更・加筆して転載)

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 車輪に傘を巻き込む
    新生活がスタートする4月と5月に自転車の製品事故が増加するとして、NITE(製品評価技術基盤機構)が...
  2. 宮腰光寛消費者担当大臣
    国際消費者機構(CI)が提唱する3月15日の「世界消費者権利デー」にちなみ、消費者担当・宮腰光寛大臣...
  3. 全国消費者大会
    全国の消費者35団体が実行委員会を結成し3月15日、都内で全国消費者大会を開催した。今年で57回目。...
  4. which
    ユニークな生活家電を世に送り出し、各国のテレビショッピング業界では知られた存在となっている英国JML...
  5. 景表法違反を指摘されたベビーマジック持ち帰り箱
    「国産小麦をたっぷり使用」などと不当な広告表示をしたとして、大阪府は3月13日、焦がしシュークリーム...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る