生協、「幸せ追求」でアマゾンに対抗 「競争の土俵異なる」

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アマゾンが生鮮宅配に乗り出すなど事業環境が大きく変わろうとする中、日本生活協同組合連合会の本田英一会長は1月19日、「アマゾンは脅威だが競争の土俵が異なり、生協は十分生き残れる」と発言した。アマゾンが利便性を追求するビジネスモデルなのに対し、生協は組合員とともに商品力や宅配事業を育ててきたと強調。「我々が追求するのは組合員の幸せ。その目的を取り違えなければ対抗できる」との考えを示した。都内で開いた新年記者会見で語った。

日本生協連の新年記者会見

アマゾンの「利便性の追求」に「幸せ追求」で対抗する日本生協連(新年記者会見にて)

アマゾンは昨年4月から首都圏の一部地域で「アマゾンフレッシュ」を開始し、順次サービスエリアの拡大を進めている。これに対抗し、11月にはセブン&アイ・ホールディングスとアスクルが共同で「IYフレッシュ」を都内の一部で開始。スーパー大手もネット通販を強化するなど食品宅配サービス事業の競争が激化していた。日本生協連は1月16、17日に開いた全国方針検討集会でアマゾンの脅威について議論したことを明かした。

本田会長は記者会見で、「(アマゾンのビジネスモデルは)ネットで注文すれば数時間であらゆるものが手に入るという徹底した便利さの追求にある。その世界で競争できるかといえば正直難しい」と吐露。一方で「便利さの追及が国民の幸せにつながるとは限らない。我々は組合員自らが暮らしや地域、社会をより良くするという幸せの追求が目的。競争の土俵が異なる」と強調した。

嶋田裕之専務は「アマゾンはいつでも注文できるという便利さの反面、いつでも注文しなくなる可能性がある」と分析。生協の毎週定期訪問する仕組みが再注文を促すだけでなく、見守り活動にもつながっているとし、「組合員とともに商品開発し、宅配を育ててきたという信頼の上で事業が成り立っている。宅配、店舗、福祉施設、共済などを手掛ける総合力が我々の強みだ」と語った。

(本紙「ニッポン消費者新聞」2月1日号より転載)

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. CPSCが警告した子ども用ラウンジャー
    弾力性のある椅子の一種、ラウンジャーを使っていた乳児が窒息死する事故が2件発生したとして、米消費者製c
  2. ACAPわたしの提言
    企業の消費者担当者などで構成するACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、村井正素理事長)は1月2c
  3. コンシューマーリポート
    パンデミックで冷凍野菜・果物の売上が伸びる中、米国の消費者団体コンシューマー・リポートが369アイテc
  4. 主婦連合会
    消費者庁が1月21日までパブリックコメントを実施した「食品添加物の不使用表示に関するガイドライン案」c
  5. 消費者庁
    消費者庁は1月20日、大幸薬品が販売するウイルス除去・除菌の効果を謳った商品に対し、効果を示す合理的c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る